黒円卓の聖槍

ヴェヴェルスブルグ・ロンギヌス
作品名:Dies irae
使用者:歴代トバルカイン、櫻井螢

神座万象シリーズに登場する武器。
聖遺物のひとつ。使用者によって異なる形状を取る。
特殊な金属で鍛造した聖約・運命の神槍の複製品。




来歴

+偽槍
  • 真槍に対抗するための聖槍
    • ナチス高官の面目から必要とされた複製品。
螢「当初の黒円卓はね、ハインリッヒ・ヒムラー長官……彼が首領だったんだけ
  ど、言ったように本物の聖槍は、ナンバー・ツーのハイドリヒ卿にしか使え
  ない。これじゃあ面子が立たないってわけ」
 「だから長官は、真槍を表向きの世の穢れから秘匿するためとか、そういう理屈
  で封印して、自分にも使える陰打ちが欲しかったのよ。いずれそれこそが本
  物だと喧伝して、ハイドリヒ卿ごと真槍を葬るために」


+櫻井一族による鍛造
  • 特殊な金属の偽槍を創る
    • 運命の神槍と同じく腐食せず錆びず強度も高い金属が必要。
      • 日本のある特殊合金が条件を満たすため、それを扱える櫻井一族が鍛造した。
螢「本物と摩り替えてもバレないように。精巧で精密で、真に迫る陰打ちがい
  る。だから、日本のある一族に白羽の矢が立てられた。」
 「そこの家は、代々神職でね。ちょっと珍しい金属の精錬方法を知っていた
  の。目をつけられた理由はそこでしょうね。だって本物の聖槍は、朽ちず錆
  びず決して折れない……ただの鉄じゃないんだもの」
  • 運命の槍同様に使い手を選ぶ槍が完成する
    • あまりにも精巧な偽槍であるため、真槍同様に使い手を選ぶ。
螢「でも可笑しいのよ。もともとは小物でも使えるようにっていうのがコンセプ
  トだったはずなのに、結局それも、凄く持ち主を選ぶ代物になってしまっ
  た」


武器についての詳細

使い手を選ぶ聖遺物

  • 聖遺物であるが、魂は櫻井一族のものしか吸わない
    • 複製元となった真槍の特性を宿した。
    • 吸われた者は生きる屍(トバルカイン)となる。
    • 櫻井一族とあるが、その伴侶も対象となる。
螢「運命の槍の陰打ち……黒円卓の聖槍は、創造主である櫻井の一族しか
  使えない。いいえ、櫻井の一族だけを狙い打つの。他の魂は一切吸わない」

 (中略)

螢「逃げられないのよ。櫻井は槍に吸われて生きる屍になる。そうなった者を黒
  円卓ではカインと呼ぶ。そうして十年、二十年、肉体維持が限界を超えた
  ら、また次の櫻井が選ばれるの。選ばれてカインになるの」

屍兵化

  • 屍兵(エインフェリア)化後は肉体を変異させる
    • 歴代トバルカインの肉を受け継ぐ
      • 肉体は霊的なものでより強固になる
螢「代を重ねるごとに、彼らは肉の総量が巨大化していくのよ。より強く、より
  堅固に、フランケンシュタインね」

  (中略)

螢「今のトバルカインは、代々の櫻井が融合した死体の塊……群体なの。兄さん
 は大きい人だったけど、さすがにあそこまでじゃなかったわ。
  身体が朽ちて、代替わりするたびにより大きく復元する。当代の櫻井を核に
 して、その周りを霊的な肉の鎧で覆っていると言えばいいのかな。(以下略)」
  • 肉体的制限がない
    • 黒円卓の聖槍が本体であるため、屍兵は腐敗などの肉体崩壊以外に制限がない
      • 首を刎ねられても戦闘可能
      • 関節を自由に曲げられる
首を落とされたカインの肉体はまだ動く。残った腕一本で、再び大槍を振り
上げると打ち下ろしてきた。
  • 本体でない屍兵は他者でも操作可能
    • 作中では青褪めた死面とルサルカの食人影で操作している
      • 食人影での操作は動きや性能が青褪めた死面に比べて劣化する

武器・能力奪略

ルサルカ『カインと戦い負けた者は、その武器も力も奪われる』
    『黒円卓の聖槍———ハイドリヒ卿にしか許されない魂のレギオン。複製だ
     けど、こいつのこれも、どうしてえげつない代物よ』

欠点

  • 使用者への怨念
    • 呪槍の怨念が使用者を侵す。
      • 第三者から見て凶悪な槍の渇望が直接使用者へ向かう。
寄越せ、寄越せ、魂を寄越せ。飢えた暴食の蝗のごとく、槍が生贄を渇望し
ている。そしてそれは、あろうことか敵手であるはずの鏡花をまったく見て
いない。
あの忌まわしい呪槍が望んでいるのは使用者の魂。櫻井戒を喰らい尽くした
いという怨念が、おまえもこちらに来いという妄執が、大気を伝播し世界を
侵す。
それは揮発した水滴程度の質量だろう。あくまで使用者にのみ向けられる念
なのだから、いま鏡花が感じ取れているものなど全体の一欠片にすら及ばな
いはず。
  • 使用者の余命を削る
    • "創造"を発動するほど同調すると即座に寿命が尽きて屍兵と化す。
偽槍の呪いは凶悪だ。創造を発動するほどシンクロしてしまったら、たとえ
今すぐ解除しようと余命は無きに等しくなる。
  • 偽槍を操る屍兵は朽ちる
    • 死体を長持ちさせる術を持っている者が手入れしない限り、死体は朽ちる。
 偽槍によるエインフェリア化は完全じゃない。バビロンがいなければまとも
に動くことも出来ないし、腐敗という理から逃げられるのも、せいぜいが数年
だろう。

形状可変

  • 使用者によって形状が異なる
    • 使用者の質から形状を変化させる。
      • 同じ肉体でも魂が異なれば形状が変わる。
「ハウスホーファーに招かれて、ドイツに渡ったのは私の曽祖父。そして彼
が創った複製品が黒円卓の聖槍……貴方も見たでしょ。あれよ」
「ああ……でも、でかすぎない?」
「あの金属は、使用者の質によって変形するの」

 私のそれが、高温を発する剣の形を取るように。

+各代の黒円卓の聖槍の形状
使用者 形状
櫻井武蔵(初代) 日本刀
櫻井鈴(二代目)
櫻井戒(三代目) 直刀
ベアトリス・キルヒアイゼン(四代目) 直刀(三代目と同型)
櫻井螢(五代目) 長剣



使用者との関連性

櫻井一族のみ狙われる



元ネタ

ヴェヴェルスブルグ(Wewelsburg
史実に登場するナチス・ドイツの高官で構成されたオカルト団体が使っていたとされる城。
内部には刻まれたルーンや円卓が存在する。


関連項目

黒円卓の聖槍の武器分類。

同じく櫻井家の特殊金属で作られている聖遺物。

黒円卓の聖槍から発動する初代トバルカインの"創造"

黒円卓の聖槍から発動する二代目トバルカインの"創造"

黒円卓の聖槍から発動する三代目トバルカインの"創造"

黒円卓の聖槍から発動する四代目トバルカインの"創造"

黒円卓の聖槍の複製元となった神槍。

関連タグ


リンク