水晶玉に好きな相手の姿を映し出すよ

作品名:魔法少女育成計画シリーズ
使用者:ピティ・フレデリカ

魔法少女育成計画に登場する能力。登録されている正式名は不明。
固有武器は子どもの頭部大の水晶玉。
水晶玉で対象を映し、映した相手を直接引きずり出せる魔法
水晶玉に映すには対象の毛髪が指に巻ける程必要。




能力についての詳細

監視

  • 固有武器の水晶玉で相手を映す
    • 映し出せる対象は指に巻いている髪の毛の持ち主。
    • 複数を同時に視ることはできない。
      • チャンネルの切り替えは可能。
 私が魔法少女に変身すると、お約束である非日常的な衣装とは別に、子供の頭部大もあ
る大きな水晶玉を持っている。目標の髪の毛を手の指に結びつけると、目標の現在が水晶
玉の中に映し出される。髪の毛はそれぞれの指に一本ずつ、合計十本に結びつけることがで
き、同時放送はできないが、チャンネルの切り替えは可能だ。

映像への介入

  • 自分の「手」を映像の場所へ介入させる
    • 映像先では「手」が空中で浮遊する。
 自分の手を水晶玉の中に入れることで、水晶玉に映し出された映像に介入することがで
きる。水晶玉に突き入れられたフレデリカの手は空中を浮遊して移動し、掴む、摘まむ、
握る、叩く、殴るといった「手」が行える動作は全て実行できる。

摘出&挿入

  • 水晶玉に映した映像へ「手」で干渉することができる
    • 映像にさえ映っていれば取り出すことが可能。
 水晶玉の中に手を入れ、そこにある物を掴む。そのまま水晶玉から戻せば、その物をこ
ちら側に持ってくることができる。引き出す物は水晶玉の大きさに囚われることはない。
フレデリカが片手で持ち上げられる重量であれば、水晶玉より大きな物であっても水晶玉
から引きずり出すことができる。魔法に物理法則は通用しない。距離も次元も空間も世界
も問わない。
  • 映像の場所へ送り届けることも可能
    • 物を掴んだまま水晶玉へ突き入れることで映像の場所へ掴んだものを送り届けられる。
 そして逆もできる。目標を水晶玉に映し、なにかを持ったまま手を水晶玉に突き入
れれば、それを目標の下に送り届けることができるのだ。
  • 引っ張り出す時の状態を決められる
    • 力加減次第で頚骨を折るなどの殺人芸も可能。
 私の魔法は水晶玉に映った対象を引きずり出すことができる。どのような状態で引きず
り出すかは私の力加減による。首を掴んだ勢いで骨を折ってしまうこともある。頚骨を砕
かれて動ける魔法少女はいない。
  • 距離・次元関係なく引きずり出せる
 私の魔法の本質は水晶玉でのピーピングにあるわけではない。水晶玉に映し出された対
象をこちら側へ引っ張り出すことすにある。対象がどこにいてもいい。距離どころか世界の
枠さえ問わず、電脳空間の中に逃げこんだ相手を引っ張り上げたこともあった。

欠点

  • 発動までの条件が多い
    • 頭髪の入手、水晶玉の保持が必要。
      • 頭髪以外には使えない。
 まず第一に目標の頭髪が必要になる。頭髪は指に巻く程度の長さが必要だ。髪の毛で
あることも必須条件で、他の体毛で代替することはできない。目標の髪の毛を手の指に巻き、
きゅっと結ぶ。そうすることで左手に持った水晶玉に目標が映し出される。
  • 髪が短すぎて指に巻けない相手には使えない
    • 髪が無い相手にも無効。
 髪の毛のない、もしくは指に巻けないほど短い相手には使えないという弱点はある。
  • 生きている者のみを映す
    • 死者を探し出すことはできない。
(中略)ただし生きていれば、だ。死んだ者を映し出すことはできない。



関連項目

使用者の弟子の魔法。電脳空間へ逃げ込める……が、この魔法の前では無意味らしい。

関連タグ


リンク