食人影(Dies irae)

ナハツェーラー
作品名:Dies irae
使用者:ルサルカ・シュヴェーゲリン=マレウス・マレフィカルム

神座万象シリーズに登場する使い魔。
影の使い魔であるが、その実態は血泥の塊で身体を喰らう等、物理的に干渉できる。




使い魔についての詳細

物質吸引

  • あらゆる物質を呑みこんで消滅させる
    • 影の上にのみ有効。
 車輪が通過した跡から、放射状に広がる食人影。それは瞬く間に橋を覆い、
全ての死傷者と破壊された車両を一つ残らず呑み込んだ。後には何も残らな
い。
 なんという馬鹿げた、そして常識外れも甚だしい行為だろうか。一方的なジェノ
サイドによる口封じと証拠隠滅。——なるほど、ここまでやれば不条理すぎ
て、原因不明と世人は言うに違いない。

精神破壊

  • 直視されるだけで精神を破壊できる
 司狼は、並の人間ならば直視するだけで精神が焼ききれるほどに異形な牙
の群れを一瞥し——

魂魄への攻撃可能

  • 魂魄への攻撃が可能
    • 触れている人物の魂を直接侵食することができる。
 なぜならそれは、今まで生きて感じたことの無い冷たさだったから。

 皮膚? いいや違う。触れられているのはそのような表層ではなく、身体の
中に秘められた芯——魂を侵食されていると直感した。

身体操作

  • 影が絡みついたものの身体を操作する
    • 遠隔操作で直接戦況を確認せずに戦闘させることが可能。
     中庭に彫像のごとく立ちすくむ巨躯の怪人。その手に、脚に、数多の影が絡
    み付いて、マリオネットのごとくルサルカへと繋がっている。

ルサルカ「まぁ、操縦はこんな感じ。わたしじゃバビロンのやってたことの二割も出来
    ないから、足りないところは創意工夫でね。でもその代わり、メリットだって
    あるんだよ。この方法なら、遠隔操作も可能だし。隙だらけの姿を敵に晒すこ
    ともない」
  • 操作しているトバルカインを通じて会話が可能
    • 声帯を操作している?
ようやく立ち上がったカインの口から、場違いな声が漏れてきた。
細く、高く、可憐で軽快。紛れもない女の声音で、いつも歌っているような
その口調は……
掲げた鉄塊から、紫電が爆発し迸る。目を焼く雷光が地面に落とした影が蠢
き、密度をもって震えだす。

(中略)

ルサルカは、操操という意味においてシスターより数段劣る。
だがその反面、カインと自らの術を連携させられるのはこいつだけ。
雷光が生み出す影、影、影——敵に回せば最悪のコンビネーション。

立体化

  • 生物として現れる
    • 様々な形態をとって攻勢に出ることが可能。

+スライム状
 ルサルカがそう告げると、彼女の足下の影がゆっくりと盛り上がり始める。
 立体を形作ったその姿はファンタジーなゲームに出てくるスライムのようで
あった。


+巨人
現れたのは漆黒の巨人……地面に広がった落書きが、そのまま巨躯となって
俺の眼前に立ちはだかったから。


+多頭竜(ヒュドラ)
影が厚みを持ち、起き上がった。
地面から剥がれるように鎌首をもたげ、割れた口には何重にも並んだ牙の
列。
まるで蚯蚓、いいや多頭竜だ。カインの足元から四方八方全方向に、伸びて
蠢く影の竜は、その数すでに数百以上——


魂ごと締め上げられる不快感を振り切りながら、伸ばされた巨大な腕を断ち
切り躱す。平面の影はそれすら意に介さず腕を伸ばし、無形の影として再生
したが、そんなことさえどうでもよかった。
斬撃で消し飛ばし、影の巨人を両断する。

(中略)

だが———そんなもの、焼け石に水だ。影は変わらず地を這っている。
ルサルカの足元から、術者という発生源がある限りそれこそ無限に出てくる
だろう。自称した技巧派の名の通り、消耗による負荷は一切見られない。持
久戦ではジリ貧だった。

使用者との関連性

魔女の使い魔

  • 魔女である使用者の使い魔
    • ある人物から魔道の薫陶を与えられる際に得た使い魔。
    • エイヴィヒカイトの外の理にあるため、エイヴィヒカイトの使い手にも有効。
 影を——アンナ・シュヴェーゲリンが初めて手にした地星の異能を。
 これは黒円卓の法理から外れているモノ。水星ではなく、謎の影から貰っ
た力だ。ゆえに今はこれしかない。

元ネタ

ナハツェーラー(Nachzehrer
ドイツの民間伝承に登場する吸血鬼。
正確には死後蘇生した死体で、肉食・吸血・殺戮を好み、その影に触れたものは呪い死ぬ。


関連項目

使用者のエイヴィヒカイトにおける"創造"位階。
食人影を生かしている。

関連タグ


リンク