許許太久禍穢速佐須良比給千座置座

ここだくのわざわいめしてはやさすらいたまえちくらのおきくら
作品名:Dies irae
使用者:櫻井戒(= トバルカイン)

神座万象シリーズに登場する能力。
位階は"創造"。発現は求道型。
能力は 自分を腐敗毒の塊へと変える 求道の具現。

+詠唱
ちのみちとちのみちとそのちのみちかえしかしこみたまおう
 血の道と血の道と其の血の道返し畏み給おう

かさいになやむこのびょうどくを このかじにいまふきはらうとこいのかみかぜ
 禍災に悩むこの病毒を この加持に今吹き払う呪いの神風

たちばなの おどのみそぎをはじめにて いまもきよむるわがみなりけり
 橘の 小戸の禊を始めにて 今も清むる吾が身なりけり

ちはやふるかみのみせいのわれなれば いのりしことのかなわぬはなし
 千早振る神の御末の吾なれば 祈りしことの叶わぬは無し





能力についての詳細

腐敗毒化

  • 自分自身を腐敗毒へと変える
    • 攻撃しようがされようが接触したものは毒に侵され腐敗する。
    • 飛び道具が当たった場合、射出した者も腐る。
恐慌と共に引き金を引き絞るが、まったく用を成していない。まるでこの銃
は、すでに汚染された鉄屑にすぎないのだというように。
  • 物理無効化無効
    • 雷化している人間と相討ちになっているため、物理無効化無効ができたと思われる。
それは前のカインらと同じ腐敗毒だが、その在り方が変わっていた。
薔薇の夜やナハツェーラー、そして先ほどまでは空間を別位相の常識へと変え
たのに対し、今のカインは自分自身を変えている。
つまりあの巨躯と、あの武器が、毒の塊に変わったということだ。

(中略)

今のこいつが、もっとも難敵でありタチが悪い。至極単純な話だが、触れる
ことが出来ないんだ。
カインに攻撃を加えることは、自ら毒の海へ飛び込むに等しい。そして無
論、奴の攻撃は全弾回避しなければ侵される。

腐敗速度

  • 銃弾が当たった瞬間に無力化される
    • 聖遺物の杭ですら即座に塵に帰される
      • 聖遺物の強度をもってしても破壊される。
      • 慣性力などによるダメージも完全に消滅する。
いきなり背後から肩を掴まれ、激昂したヴィルヘルムは振り向き様に杭の嵐
を叩き返す。

(中略)

だがそれは、瞬時にして残らず分解され塵と化した。

使用者との関連性

創造の基となった渇望

  • 総ての穢れを一身に引き受けたいという渇望
    • 穢れた自身は全身腐った最低の屑だという認識から腐敗毒化していると思われる。

戒「ベアトリスは綺麗だ。螢は可愛い。彼女らが汚れることなどないよう
  に……」
戒「総て僕が引き受ける。呪いも、穢れも、毒も、何も」

(中略)

戒「僕は屑だ。こんなに醜い」


元ネタ

許許太久禍穢
日本神話にてスサノオが行った天津罪・国津罪のこと。

速佐須良比給千座置座
日本神話にてスサノオが上記の罪を行ったため、全財産及び髭や爪など
持っていたもの全てを剥ぎ取られて根の国へと追放されたこと。

+詠唱内容について
神道の『六月晦大祓祝詞』が元ネタと思われる。
神の御末(天皇=朝廷に使える人々)が祝詞を唱えることで穢れを根の国底の国へ
氣吹戸主が風で吹き払い、速佐須良比咩という神が穢れを消滅させるので、朝廷の穢れがなくなるシーンの部分と思われる。
橘の~はおそらく天皇は当時神の末裔であるため最初の禊のときからずっと穢れはなく、
今も清らかであることを指していると思われる。



関連項目

許許太久禍穢速佐須良比給千座置座の能力分類。

許許太久禍穢速佐須良比給千座置座の能力位階。

許許太久禍穢速佐須良比給千座置座を発動する聖遺物

次回作に登場する許許太久禍穢速佐須良比給千座置座。
こちらは天魔・夜刀の軍勢変生で神格級まで強化されている。


リンク