決着術式 “聖剣集う絢爛の城”

ファイナリティ ソード・キャメロット
作品名:Fate/EXTRA
使用者:レオナルド・ビスタリオ・ハーウェイ、セイバー(= サー・ガウェイン)

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する術技。
対象の周囲を炎の壁で囲み、拘束する 術技。
本来は余人に阻まれる事無く騎士たちが雌雄を決するための場を作る術式。




術技についての詳細

対象を囲む炎の壁

  • 対象とその周囲を炎の壁で囲む
    • 空間転移やオブジェクトを自在に操れる者でさえ逃れることができない。
あの炎の壁は二人のスキルによるものか。
BBは完全に囲まれている。
炎は転移をも封じているのか、BBは逃げる事もできない。
  • 炎は決着をつける為の城壁
    • 聖剣クラスの武装でなければ破壊不可。
聖剣集う絢爛の城はハーウェイ秘蔵のコードキャス
ト。名誉を重んじるふたりの騎士が、余人に阻まれる
事なく雌雄を決する為の城である。
 周囲を覆う炎の壁は騎士たちの戦いに意を唱えられ
る聖剣の担い手でなければ破壊できない。

欠点

  • 消耗が激しい
    • 作中最高クラスの実力を持つマスターでさえ三分しか維持できない。
レオ「決着術式、“聖剣集う絢爛の城”。
   これを維持できるのはボクでも三分。
   その間に貴方を消去します、BB。」


元ネタ

ファイナリティ(finality
英語で「最終局面」,「完了状態」を意味する語。

キャメロット(Camelot
アーサー王の王国、ログレスの都。


関連項目

サー・ガウェインのスキル

サー・ガウェインの武器。

関連タグ


リンク