電子使い(BLOODY†RONDO)

リューブ
作品名:BLOODY†RONDO
使用者:アリス
別呼称:電子の女神(イレクトロニオン・セア)

BLOODY†RONDOに登場する能力。
異能(デュナミス)のひとつ。
電子の操作・電子情報の解読をする能力




能力についての詳細

電子操作

  • 遠隔で電子を操作する
    • 周囲の電子機器の遠隔操作が可能。
【アリス】「電波や電流などを操る能力と思
      って下さい」
【真紅朗】「……今回の場合だと、リモコンと同じように赤外線
      を操ってる訳ではなく——」
【アリス】「テレビの回路そのものを操作し
      ています。電子機器なら遠隔操
      作が可能です」
【真紅朗】「なるほど……それは操作するだけか?」
【アリス】「いえ、電子的な情報であれば、
      解読することも可能です」
  • 対情報戦用能力
    • ファイアーウォール・セキュリティを突破して敵勢力の情報ネットワークへ侵入操作する
      • 情報の解読・閲覧・略取が可能。
    • ハッキング等の侵入を未然に察知し、防ぐ。
【真紅朗】「なあ、アリス。その能力、本来の使い方は?
【アリス】「情報の漏洩防止と、敵勢力への
     潜入・操作……」
     「及び情報の閲覧・略取に特化し
     た機能だと予測されます」
  • 手のひらから電磁波を飛ばす
    • 熱反応で周囲にあるものの有機・無機、形状等を把握することができる。
    • 直接触れている生物の電気信号を操作し、身体を操ることができる。
      • 大量の電磁波を脳に送ることで脳を破壊することも可能。
【アリス】「簡単に言うとですね、私は手の
     ひらから微弱な電磁波を出すこ
     とができるのですが——」

     (中略)

【アリス】「これの応用で周囲に電波を飛ば
     し熱反応で無機物と有機物を見
     分けることができるんです」

元ネタ

リューブ
超人ロックに登場する賢者の名前が元ネタと思われる。
後に「電子使い」と呼ばれる子孫を輩出する。

イレクトロニオン(Ηλεκτρόνιο
ギリシャ語で「電子」を意味する語。

セア(θεά
正確にはテア(thea)。ギリシャ語で「女神」を意味する語。


関連項目

電子使いの能力分類。

関連タグ


リンク