爾天神之命以布斗麻邇爾ト相而詔之

ここにあまつかみのみこともちて ふとまににうらへてのりたまひつらく
作品名:Dies irae
使用者:櫻井螢=レオンハルト
ドイツ表記:Man sollte nach den Gesetzen der Götter leben.

神座万象シリーズに登場する能力。
位階は"創造"、発現は求道型。
自身を炎に変える 能力。炎へ変生する範囲は身に付けている衣服や武器にまで及ぶ。

+ 詠唱




能力についての詳細

基本性能

威力 斬撃でフェンスを蒸発させる
作中最大射程 10メートル
熱量 最低でも1000℃以上

発動時の形容

  • 髪・肌が透過&緋色になる
    • 衣服や武器も同様。
 同時、螢の髪が、肌が、緋色に変わり、そして徐々に透き通っていく。
  • 発動時に爆発と火柱が発生する
    • 相対している人物がフェンスへ逃れることができているので学校の屋上全域は覆ってない。
 瞬間、屋上に爆発と火柱が発生した。
 ヴィルヘルムは一気に火炎の有効範囲から跳び退り、大仰なアクロバット
でバク宙しながらフェンスに降り立つ。

炎への変生

  • 衣服、武器を含む自身を不定の炎と化す
    • コンクリートを融かすので1000℃以上の熱量を持つ。
    • 刀も身体も不定形の炎であるため物質的拘束を受けない。
      • 物理攻撃を透過する。
      • 刀身を伸ばす等、形を自在に変化させられる。
 床を切り裂き、コンクリートも溶解させて振り上げられる緋々色金。その刀
身もすでに炎と化しており、ゆえに伸びる。逃がさない。

 (中略)

火は斬れず、穿てず、砕けず、折れない。遅まきながら形成した断頭刃さ
え、炎と化した櫻井を捉えられず——
剣が、その渇望が、ギロチンを透過していく。防御が出来ない。

 (中略)

 真横になぎ払われた一撃は、剣の間合いを無視して俺に届いた。寸で仰け
反り躱したものの、十メートル近い距離を取っていたにも関わらず胸元を切
り裂かれる。

使用者との関連性

"創造"の基となった渇望

  • 誓いを無くさないという渇望
    • 永遠に願望への情熱を燃やし続けたいという渇望故に炎へ変生する。
螢「私の渇望はね、藤井君」

 (中略)

螢「この誓いを、私の中で未来永劫なくさないこと」
 「誰も巻き込まない。誰も邪魔させない。二度と私のせいで好きな人たち
  を死なせない。取り戻して見せる」

元ネタ

爾天神之命以布斗麻邇爾ト相而詔之
古事記に登場する一文。
伊耶那美命(イザナミノミコト)
と伊耶那岐命(イザナギノミコト)の間で生まれた子が奇形児
だったため、天つ神へと相談しにいった二人に対し、 天つ神が二人に鹿の肩の骨を焼かせて占わせた ことを指している。

詠唱元ネタ

かれその神避りたまひし伊耶那美は
  • 古事記の一文。原文は↓
故其所神避之伊邪那美神者。
  • 炎の神である迦具土が生まれた瞬間に伊耶那美命が火傷で死去したことを指している。

出雲の国と伯伎の国 その堺なる比婆の山に葬めまつりき
  • 古事記の一文。原文は↓
葬出雲國與伯伎國堺比婆之山也。
  • 伯岐国とは現在の鳥取県中部・西部に位置する旧国。
  • 比婆の山とは島根県安来市にある山。
    • イザナミの神陵古墳と伝えられる古墳が存在する。

ここに伊耶那岐
  • 古事記の一文。原文は↓
於是伊邪那岐命。

御佩せる十拳剣を抜きてその子迦具土の頚を斬りたまひき
  • 古事記の一文。原文は↓
    • 憤怒した伊邪那岐命が我が子の迦具士を斬り殺したシーン。
    • 十拳剣とは伊邪那岐命の愛刀。
拔所御佩之十拳劍。斬其子迦具士神之頚。


関連項目

爾天神之命以布斗麻邇爾ト相而詔之の能力分類。

爾天神之命以布斗麻邇爾ト相而詔之の能力位階

爾天神之命以布斗麻邇爾ト相而詔之を発動させる聖遺物

次回作に登場する爾天神之命以布斗麻邇爾ト相而詔之。
こちらは天魔・夜刀の軍勢変生で神格級まで強化されている。


関連タグ


リンク