ギーの現象数式

ギーのクラッキング
作品名:赫炎のインガノック
使用者:ギー

スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)に登場する術技。
現象数式の一種で治療に特化しているもの。
自動高速再生や肉体の置換等を主に行う。




術技について

肉体置換

  • 書き換えて無理矢理肉体を修復
    • 肉体の置換であるため、置換している部分は必ず失う。
      • 失うといっても多少の血液や筋肉程度。
    • 一部の攻撃は再生しにくい。
肺炎。栄養不良と免疫力低下。
10年前なら死んでいただろう、確実に。
けれど今は。変異する前にあった病など、
どうとでもなる。
肉体治療に特化されたギーの現象数式、
すなわちクラックが肉体を書き換える。
—―どうとでも、なる。

自動高速再生

  • 即死級の傷すら即座に治癒する
    • 連続的な攻撃を受けても、置換可能な限り再生し続けて命を繋ぐ。
凄まじい高熱はギーの喉を融解する。
即死だ。
——ギーがただの人間のままであれば。
——しかし、そうではない。

(中略)

融解する喉を最大速度で修復する。
修復のために用いられる全身の筋肉組織が、
みるみるうちに削り取られていく。
  • 自動的に現象数式が発動する
    • ダメージを受けると自動で大脳器官が起動し、肉体を置換する。
——自動的に脳内器官が起動する。
——現象数式が、破損した心臓を修復する。

欠点

【ギー】存在の形質変異を引き起こす病に対して、
    肉体を置換修復する現象数式は通じない。
    何も、できなかった。
    現象数式による肉体の正常化と、
    数秘機関への置き換えによる「切り離し」。
    それだけが、唯一の対処法だ。
  • 攻撃に使えない
    • 使用者の信条で傷つけるためには使わない。
    • 現象体であるクリッターの通用するか不明。
変異したこの脳に現象数式を思い切り
詰め込んでも、治せないものは無数にある。
汚染された第4貯水池に漂う細菌のように。
今回のように病巣を取り除いたり、
内臓の機能を回復させる程度では、
どうにもならないことも、ままある。
形質変異たる《忌罹病》。
異形の死の刃たち。蔓延するドラッグ。
そして、姿を隠す41体のクリッター。


使用者との関連性

大脳の変異によって得た技術

  • 大脳が変異していることで現象数式を納めることができた。
    • にも脳が変異することで現象数式を修めている者がいる。
——脳が機能する。
——現象数式を司る器官である“脳”が

(中略)

質の悪い冗談のような、
この、現象数式という手品を扱えるように。
ギーの脳は歪んでこうなった。10年前に。


元ネタ

クラッキング
コンピュータネットワークに繋がれたシステムへ不正に侵入したり、コンピュータシステムを破壊・改竄するなど、コンピュータを不正に利用すること。


関連項目

現象数式(クラッキング)
この術技の分類。
正式名はクラッキングエフェクトと呼ぶらしい。

関連タグ


リンク