サーヴァント

作品:Fateシリーズ
用語分類:種族分類

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する用語。
使い魔として召喚された英霊の複製

+召喚時の詠唱
「王冠より出で、王国に至る三叉路は循環せよ」の元ネタはセフィロト?

基礎部分

  • 赤は遠坂家独自の詠唱
  • 紫はバーサーカー召喚専用
素に銀と鉄。 礎に石と契約の大公。祖には我が大師シュバインオーグ——
降り立つ風には壁を。 四方の門は閉じ、王冠より出で、王国に至る三叉路は循環せよ
閉じよ(みたせ)。閉じよ(みたせ)。閉じよ(みたせ)。閉じよ(みたせ)。閉じよ(みたせ)。
繰り返すつどに五度。
ただ、満たされる刻を破却する
————告げる。
汝の身は我が下に、我が命運は汝の剣に。
聖杯の寄るべに従い、この意、この理に従うならば応えよ
誓いを此処に。
我は常世総ての善と成る者、
我は常世総ての悪を敷く者。
されど汝はその眼を混沌に曇らせ侍るべし。汝、狂乱の檻に囚われし者。我はその鎖を手繰る者——。
汝三大の言霊を纏う七天、
抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よ———!

+遠坂家
  • 遠坂家の場合だと「素に銀と鉄。 礎に石と契約の大公。」の後に次の一文を加える。
祖には我が大師シュバインオーグ——
  • バーサーカー召喚時は「我は常世総ての悪を敷く者。」の後に
    次の1文を唱える。
されど汝はその眼を混沌に曇らせ侍るべし。汝、狂乱の檻に囚われし者。我はその鎖を手繰る者——。






概要

型月世界での使い魔としては最高位で、魔術よりも上位にある。
  • 一般に使い魔という単語から連想される下級存在とは別格の存在。
    • 作品で登場する使い魔は鼠、蝙蝠などの人語を話さない生物などが多い。
    • サーヴァンとは人語を介し主に命令口調だったり、裏切ったりすることができる。
「ちょっと待ってくれ。遠坂はセイバーを使い魔だっていうけど、俺にはそうは見えない。
だって使い魔っていうのは猫とか鳥だろ。そりゃ人の幽霊を扱うヤツもいるって言うけど、セイバーはちゃんと体がある。それに、その———とても、使い魔なんかに見えない」
(中略)
「使い魔ね———ま、サーヴァントはその分類ではあるけど、位置づけは段違いよ。何しろそこにいる彼女はね、使い魔としては最強とされるゴーストライナーなんだから」
  • 英霊
    • 神話や伝説の中でなした功績が信仰を生み、
      その信仰をもって人間霊から精霊の領域へとシフトした。
「幽霊……似たようなものだけど、そんなモンと一緒にしたらセイバーに殺されるわよ。」
サーヴァントは受肉した過去の英雄、精霊に近い人間以上の存在なんだから」
(中略)
「違うわ。人間であれ動物であれ機械であれ、偉大な功績を残すと輪廻の輪から外されて、一段階上に昇華するって話、聞いたことない?
英霊っていうのはそういう連中よ。
ようするに崇め奉られて、擬似的な神さまになったモノたちなんでしょうね」

あらゆる時代に適応可能
  • サーヴァントは召喚する前に知識を与えられるため、あらゆる時代に適応できる。
「シロウ、それは違う。サーヴァントは人間の世であるのなら、あらゆる時代に適応します、ですからこの時代のこともよく知っている。」
  • 知識は聖杯から与えられる。
ウェイバーの知る限りでは、英霊はサーヴァントとして聖杯に招かれた時点で、聖杯からその時代での活動に支障がない程度の知識を授けられるのだという。

サーヴァントに生死はなく、絶命しても本来の場所に帰るだけ
  • サーヴァントには生死の概念がない
「あ、その点は安心して。サーヴァントに生死はないから。サーヴァントは絶命しても本来の場所に帰るだけだもの。英霊っていうのはもう死んでも死なない現象だからね。戦いに敗れて殺されるのは、当事者であるマスターだけよ」

撃退方法

  • 実体化しているときに肉体を破壊
  • 同じ霊体によるサーヴァントの攻撃
「いい、サーヴァントを倒せるのは同じ霊体であるサーヴァントだけ。そりゃあ相手が実体化していればこっちの攻撃も当たるから、うまくすれば倒せるかもしれない。(以下略)」
  • 魔力の枯渇
    • サーヴァントは原動力となる魔力の補給が必須(例外あり)
「一つ言い忘れていたけど、サーヴァントっていうのは霊なの。彼らはもう完成したものだから、今以上の成長はない。
けど燃料である魔力は別よ。
蓄えた魔力が多ければ多いほど、サーヴァントは生前の特殊能力を自由に行使できるわ。(以下略)」

弱点

  • 令呪による絶対命令権
    • ただしサーヴァントの強化にも使えるので絶対的な弱点とはなりえない。
「令呪は絶対命令権なの。サーヴァントには自由意志があるって気づいていると思うけど、それをねじ曲げて絶対に言いつけを守らせる呪文がその刻印」
  • 呼び出したマスターによって性能が変わる
「……ええ。貴方の言う通り、私は万全ではありません。
   シロウには私を実体化させる魔力がない為、霊体に戻ることも、魔力の回復も難しいでしょう。」

役割(クラス)

  • 基本となる七種類のクラスがある
    • 聖杯戦争のたびに1つ2つのクラスの変更がある。
    • 例外クラスもしばしば。
基本クラス
クラス 呼称 特徴
剣士 セイバー 剣士の英霊。「三騎士」の一角。
バランスが取れた能力から「最優」と称される。
クラス別スキルとして「対魔力」と「騎乗」スキルを持つ。
槍兵 ランサー 槍兵の英霊。「三騎士」の一角。最高の敏捷性と高い白兵戦能力がある。
クラス別スキルとして「対魔力」スキルを持つ。
弓兵 アーチャー 弓兵の英霊。「三騎士」の一角。
基本能力こそ低いが、その分を強力な宝具やスキルで補っている。
クラス別スキルとして「対魔力」と「単独行動」スキルを持つ。
騎乗兵 ライダー 騎乗兵の英霊。騎乗スキルが高い。
高い機動力と強力な宝具を数多く所有するサーヴァントタイプ。
クラス別スキルとして「対魔力」と「騎乗」スキルを持つ。
魔術師 キャスター 魔術師の英霊。魔力に特化したタイプ。
「対魔力」スキルを保有するサーヴァントの多さから全サーヴァント中最弱とされる。
だが、その相性の弱さをクラス特性の「陣地作成」スキルで補える。
クラス別スキルとして「陣地作成」と「道具作成」スキルを持つ
暗殺者 アサシン 暗殺者の英霊。「マスターの天敵」とされるクラス。
冬木の聖杯戦争においてこのクラスだけは該当する英霊が決められているため、他の英霊は
「気配遮断」があっても基本的に「暗殺者」のクラスにつくことはない。一作目から例外キャラだったが
クラス別スキルとして「気配遮断」スキルを持つ
狂戦士 バーサーカー 狂戦士の英霊。英霊に「狂」の付加要素を許諾させるだけで該当できるクラスであるため、
召喚呪文に特定の一節を組み込むことでクラスを指定して召喚できる。
クラス別スキルとして「狂化」スキルを持つ

エクストラクラス
クラス 呼称 特徴
復讐者 アヴェンジャー 復讐者。憎悪を忘れぬ英霊。
クラス別スキルとして「復讐者」、「忘却補正」、「自己回復(魔力)」を持つ
毒婦 ヴァンプ Fate/EXTRAに登場する規格外。無邪気かつ天真爛漫に振る舞い男を滅ぼす毒婦(ヴァンプ)。
血を吸うブラッド・ドリンカー、体力を奪うライフ・イーター、
電子マネーを消費させるファイナンス・クライシス。
救世者 セイヴァー 救世者の英霊
裁定者 ルーラー 聖杯戦争が想定外のケースに陥った場合に召喚される監視役。高ランクの「対魔力」に加え、
通常の七騎のサーヴァントに対する絶対的有利なクラス別スキル「神明裁決」と「真名看破」を有する。
基本的にルーラーになれるのは聖杯に願望を持たない聖人のみだが、
シャーロック・ホームズのように別クラスから霊基が変わる場合がある。この場合、上記の三スキルは持たない。
ムーンキャンサー ムーンキャンサー BBが該当。詳細不明
シールダー 盾の逸話を持つ英霊
アルターエゴ アルターエゴ 欲望の具現。
降臨者 フォーリナー 外宇宙からの降臨者。クトゥルフ系


強さ

基本性能

  • ステータス
    • 英霊の格や様々な要因で決まる。
      • 能力に限らず魔力供給が途絶えたときは静止、もしくは消滅。
  • 吸精・吸魂
  • 物理無効
    • 破壊力は多くの近代兵器に劣るが、霊であるため通常攻撃が効かない
  • 自動再生
  • 気配察知
    • 実体化しているサーヴァントの気配を察知できる。

ステータス

  • 土地、知名度、魔力で強さ決まる
    • 元々の強さも関係する。
    • 強さ=伝説の再現度であり、英霊そのものは完成された存在であるため上限値は変わらない。
      • 強いほど伝説通りの宝具やスキルを多数獲得できる。
土地 伝説の舞台となった土地(文化圏)と現在値の距離
知名度 呼び出されたサーヴァントの知名度
魔力 マスターから供給される魔力量



関連項目

サーヴァントの天敵

魔力を吸い尽くし消滅させる

リンク