ランヴァルド

作品名:ストライク・ザ・ブラッド
使用者:アルティギア王国聖環騎士団

ストライク・ザ・ブラッドに登場する飛行船。
空中を航行する装甲船。機関砲等の火器とヴェルンド・システムを使うための精霊炉を搭載している。




ランヴァルドについて

形容

  • 全長170メートルのペールブルーと黄金の装飾を持つ飛行船
    • 特殊な合金の装甲で覆われている。
    • ターボプロップエンジン4発と機銃12門を搭載にしている。
    • 安定翼に北欧アルティギア王家の紋章が描かれている。
全長百七十メートル超。特殊な合金の硬殻に覆われ、ターボプロップエンジン四発と十二門の
機関砲を装備する、巨大な装甲飛行船である。
 安定翼に描かれているのは、大剣を持つ戦乙女——北欧アルティギア王家の紋章だ。
 紡錘形の船体は、氷河の煌めきにも似た白群青に染められ、黄金の装飾に縁どられている。

脱出ポッド

  • 王族専用脱出ポッドが備わっている。
    • 純金の外装に覆われている卵型の脱出ポッド。
      • 腐食や落雷を防ぐ。
    • 数日間漂流しても大丈夫な備蓄が用意されている。
 王族専用の装備品だけあって、彼女の救命ポッドは、恐ろしく豪華な仕様になっていた。
 プラスチックの殻に覆われた卵型の本体と、自動で膨らむゴム製の浮力具。形状だけなら、
古城が思い描く脱出ポッドのイメージからそう大きくはずれてもいない。のだが、
 なにしろ外装が純金張りである。錆びず、腐食せず、導電性に優れて落雷に強いというのが
その理由だそうだ。

聖環騎士団の旗艦

  • 精霊炉を搭載した装甲飛行船
    • 搭乗している騎士は疑似聖剣を使用できる。

元ネタ

ランヴァルド(Ragnvald
デンマーク王朝史のクニートリンガ・サガに登場する人物名。


関連項目

ランヴァルドに搭載されている精霊炉を利用したシステム。

関連タグ


リンク