《奇械》ラウダトレス

作品名:赫炎のインガノック
使用者:レムル・レムル
別呼称:過去再生者にして現在増殖者(アポンダンス・レムル・レムル)

スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)に登場する存在。
《奇械》のひとつ。
対象の"耐えられない現在"を無限増殖させる《善なる左手》という能力を持つ。
インガノック内においては精神破壊に加えて変異の加速、病の再発症ができる。
また《奇械》の特性として物理無効と物理無効化無効、再生能力および消滅耐性と非顕現時限定で不可視の能力を持つ。




存在についての詳細

形容

  • 白い手を持つ黒い影
    • かつてレムル・レムルを封印していた影。
少年王。
階段頂上に聳える暗闇玉座のあるじ。
その背後に見えるものは、何だ。
酷似している。螺旋階段を形成する黒色に。
暗闇もしくは影、もしくは蠢く何かの意思。

《善なる左手》

  • 対象の“耐えられない現在”を無限に増殖させる
【レムル・レムル】ラウダトレスの“左手”は無敵だ。
         対象の“現在”を無限増殖させることで、
         対象の“耐えきれない現在”を揺さぶる。
         無限の力。
         無限の変容。
         この《善の左手》は、立ち塞がるものの
         肉体と精神を変容させる。
         耐えうる知性生物は存在しない。
  • 白い左手から放たれる"現在"の無限増殖
    • 《復活》の日という対象の“耐えられない現在”を無限に増殖させる。
    • 受けた者の肉体は傷付かないが、精神が死ぬ。
ただの“現在”ではない。
それは“耐えきれない現在”を増やすのだ。
それは人の精神の許容量を超えて増殖する。
それはいわば精神の死だ。心を、破壊する。
誰も、都市の“現在”には耐えられない。
——10年前の《復活》の日の出来事。
——それこそが“現在”の正体だから。
  • 白い左手で空間内の“現在”増殖させる
    • レーザーのような白光が相手へと走る。
    • 白光の通った周囲の空間の“現在”も増殖する。
——白い軌跡が空間を優美に縦断する。
——速い。目では追えない。

(中略)

もしも“左手”を避けられたとしても、周囲の空間ごと“現在”は増殖するだろう。

欠点

  • “緒”の切断
    • 《奇械》なので明示されてないが全箇所同時圧壊も破壊条件にある。
——すべての《奇械》は不滅——
——物理破壊は不可能——
——ラウダトレスの場合——
——破壊方法は——
——宿主との“緒”を切断——


使用者との関連性

《奇械》の元となった胎児の死因

  • 死因不明
    • 能力の基となる胎児の死因が不明。
「???      
          《善なる左手》」

使用者の右手

  • レムル・レムルの右手は“過去”を無限再生する
    • 詳しい描写はない。
    • “現在”=《復活》~現在としているため、“過去”は《復活》以前を指している?


元ネタ

ラウダトレス(Laudatores
ラテン語で「賛美」と言う意味の語

ラウダトレス・テンポラス・アクティ(Laudatores Temporis Acti
ラテン語で「過去を称える者」、「過去崇拝者」という意味の一文。


関連項目

《奇械》ラウダトレスの種族分類。

関連タグ