クリッター(スチームパンクシリーズ)

作品名:スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)
用語分類:種族

シリーズ全体に登場する おとぎ話の幻想の存在
各作品に登場するクリッターについての概要とクリッターの持つ基本的な能力を説明する。




赫炎のインガノックに登場するクリッターについて

概要

  • 異形都市インガノックに現れた大型の異形
    • 総数は41体。
    • 人を襲う。
    • 物理破壊が不可能なため、現象として扱われる。
    • ゼンマイ捻子を体のどこかに持つ。
    • 不滅(討伐後も復活する)
人々はクリッターを“災害”として扱う。
生物として扱えるものはいない。
物理手段で打ち倒すことができない以上、
そうする他にないからだ。
銃弾も毒も、クリッターには通用しない。
おとぎ話の幻想生物たちの姿を模した
クリッターたちは、人間を害するようにと、
何者かによって定められていると言われる。
通常の幻想生物たちとの違いは、
体のどこかにあるゼンマイ捻子。
クリッターの体には必ずそれがある。

(中略)

一部個体は“討伐された”と伝えられるが、
その多くは休眠状態にあるとされる。

現象数式体(クラッキング・ビーイング)

  • 現象数式によって生み出された存在
    • 現象であるので生物ではなく、粉々に破壊されても復活する。
    • グリム=グリムによって玩具が怪物の現象として変異した。
——クリッター現象について。
これは10年前に一瞬だけ存在していた、
クリッター学において提唱された説である。
すなわち《復活》によって出現した
41体のクリッターは生物などではなく、
現象の一種に過ぎないと捉える説である。
情報空間すら存在するクリッターは、
人を害する現象そのもの。

それぞれが《奇械》に対応する

  • 41体のクリッターは41体の《奇械》に対応する
    • 作中では以下の《奇械》とクリッターが対応する事がわかっている。
《奇械》 対応するクリッター
ザハーク ゴーレム
ミラン 妖樹
  • 《奇械》の基となった胎児と胎児がもらうはずだった玩具の関係
    • ブラッドツリーのようにクリッターになってしまう前の出来事も関係する。
    • 胎児が産まれる前に感じた恐怖を感じさせる。
      • その恐ろしさは記憶を書き換える程。
41の玩具を院長は用意した。
ゼンマイ仕掛けの玩具を。

(中略)

何かをひとつ歪めただけで。
41の玩具は、荒ぶるクリッターとなった。
クリッターの生み出す恐怖は、
41の生まれなかった命の感じた恐怖は、
人々を苦しめ続けた。
そして人々は完全に記憶を失う。
恐怖に上書きされて。


クリッターの戦闘能力

基本性能

  • 物理無効
    • ただし、弱点を除く
  • 消滅耐性
    • 粉々に破壊されても復活する。
  • 感化(見た者を恐怖させる)
  • 恐慌の声(クリッター・ボイス)
  • 瞬間移動(現象として突如出現する)
  • 死の現象

物理破壊不可能

人々はクリッターを“災害”として扱う。
生物として扱えるものはいない。
物理手段で打ち倒すことができない以上、
そうする他にないからだ。
銃弾も毒も、クリッターには通用しない。

(中略)

特定の弱点以外の物理的な破壊力は
決してクリッターの体を傷つけない。

クリッター・ボイス

  • 人間の精神を硬直させる声
恐慌の声と呼ばれる、
人間の精神を硬直させる音を放つ。
別名を、“クリッター・ボイス”。
  • 声を聞いた者の脳神経を破壊する
    • ゴーレムのクリッター・ボイスはさらに強力で都市を揺るがす。
唸り声をあげた緑色を“右目”で睨む。
おそらく今のが恐慌の声か。
人の脳神経を破壊し、死か狂気を植える。
  • 耐久機関が存在する
    • 耳に装着する外付けの数秘機関
    • 上層兵たちの通常装備。
———理解する。
彼の両耳には外付け型の数秘機関があった。
上層兵たちの通常装備、耐クリッター機関。

感化能力

  • 周囲の人間を恐怖に陥れる
    • 姿・存在を認識していなくても身体が恐怖を感じる。
    • 直視すれば確実に恐怖によって精神が硬直する。
見る者がいれば。
およそ確実に、精神が硬直しているだろう。
恐怖に慣れきったはずの体が震えるだろう。
見る者に恐怖をもたらす。
この異形は根源的なそれを備えているから
破壊。死。恐怖。叫び。
それらのすべてがこれの根源を構成する。
都市に生きる者を、残らず、畏怖させる。

瞬間移動

  • 現象として突如出現する
    • 前ぶれとして上述の恐怖が発生する。
そいつがいきなり現れた。
軽く100フィートを超す、でかい奴が。


元ネタ

クリッター(Critter)
  • 英語のCreature(生物)から変化した単語。生命体。
  • 世界各地に目撃例のある未確認生命体。
    プラズマ状の空中生命体とされ、別名で「プラズモイド」と呼ばれる。
  • 映画「Critters」に登場する地球外生命体


関連項目

《赫炎のインガノック》に登場したクリッター


関連タグ