アンチリテラルの数秘術師 > 世界観

シナリオ:兎月山羊



プロローグ

「人はデルタtの狭間に生まれ、そして死んでいく」。
 ビルから落ちていく儚い少女。彼女の背中に、一瞬、羽が見えた気がした──それが、高校生の俺、冴上誠一と“数秘術師(アルケニスト)”羽鷺雪名(うさぎせつな)との出会い。
 ある日、何でも願いを叶えてくれるという都市伝説「赤帽子(レッドハット)」の噂を試した、俺の妹・愛架が誘拐されてしまう。血眼になって探す俺は、虚空に浮かぶノイズがかった無数の数字を見た──。
“数”の異能力アクション、開幕!

世界規模

大きさ

  • 舞台となる基本世界を含む単一宇宙×6
    • 内5つはアイン・ソフが滅ぼしている。
  • ガウスの迷宮(単一宇宙)
    • 現実とは現象が真逆に引き起こる異界
    • 作中での規模は北海道(空中を含む)の一地域程度
      • もっと広げられるらしい。

時間軸

  • ガウスの迷宮内での時間軸は基本世界と同程度。

舞台

東京都

  • 東京内戦復興後の東京都
  • 未だに先端科学機構(ネメシス)の残した施設がある。
    • 地下施設にはマイクロ・ダイソン環やロムルスの槍といった遺物が残っている。

北海道の一地域規模

  • "虚数"との戦闘を行った場所。
    • ガウスの迷宮が展開された。

海上(場所は不明)



登場する用語

人物の特性に関する用語


武具や能力、術技に関する用語

ラジエルの書が失われた際に失われたとされる数式。
符術に使われている禁字刻印などがこれにあたる。

その他用語

  • 先端科学機構(ネメシス)
無次元数を発見した研究機関。ロムルスの槍変革の石(アルベド)を開発した。

  • 背徳の救世団(クリフォト)
変革の石を用いずに"集合""虚数"といった災厄の数を生み出した組織。
生み出した災厄の数の他にも"零"の災厄の数や死霊使い錬金呪術師が所属している。

登場人物とその能力・武器・術技

冴上誠一
羽鷺雪名
明津憲剛
アンデレ
ディエゴ
タデウス
マティア
椚木殺刺
稲瀬果穂
ニコラ・テスラ
赤帽子(レッドハット)
来栖真意
黒枝灯夜
カラス
アイン・ソフ

戦力ツリー


+ 精神攻撃ツリー

+ 隠形ツリー

+ 能力無効化ツリー

+ 消滅耐性ツリー


関連項目


関連タグ


リンク