《怪異》群れのムリアン

作品名:スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)
使用者:ウィンストン・チャーチル

漆黒のシャルノスに登場する《怪異》(メタ・クリッター)
数多の怪物が群れとなって1体となっている怪物。
また、妖精型《怪異》の共通の能力として分裂、進化、シャルノスへの誘引、自動追跡(対象は黄金瞳のみ)を持つ。




ムリアンについての詳細

名前の由来

  • ホルヘ・ルイス・ボルヘスの本に登場する蟻の妖精
群れのムリアン。そう囁く声が聞こえた。
思い出すのは、ボルヘス卿の本で読んだ、
蟻のような小人の妖精たち。

形容

  • 鋼鉄でできた昆虫型の《怪異》
    • 蟻と人の部位を持つ
    • 紅い単眼から赤い涙を流している。
その巨大なものは、今まで見たものとは
かたちが違う。鋼鉄でできた、昆虫の型。
虫によく似ている。
鋼でできた、まるで、蟻のよう。
けれど僅かに人型に似た部位を蠢かせつつ、
瞳から赤色を流しながら、悲鳴を、続けて。

群れの《怪異》

  • 一見して一体だが、その実は群体の《怪異》
    • 怪物が幾つも重なっている怪物。
怪物ひとつが見えているのではない。
そこにいるのはひとつでも、
これは、幾つもの怪物の合わさったもの。
おぞましく蠢く——
ひとつと化した、群れ——
  • 群れの形を変えることで自在に姿形を変えることができる。
    • 狭い空間であっても容易く侵入できる。
巨体の怪物であれば入ってこれないだろう。
でも、あれは、あれらはそうではなく、
大きく見えていても、群れに過ぎない。
かたちを自在に変えてここへ来る。
この黄金瞳を求めて。

尖った脚と胴体の口

  • 石畳を抉る程尖った脚
    • 金属でできた昆虫の尖った脚を持つ。
      • 耳障りな金属音を立てて歩く。
      • 石畳を穿つ程尖っている。
耳障りな金属音が怪物の実在を告げる。
鋭く尖った先端を備えた幾つもの脚が、
黒い石畳を抉った。
  • 胴体部位に口を持つ
メアリは見た。
胴に、一筋の亀裂のようなものがあるのを。
——ああ。これは。
——きっと、この虫の“口”か、何か。

使用者との関連性

《怪異》を生み出した想い

  • 群れることで愚かになることを恐れた想い
    • 加えて使用者自身が孤高の王を目指していることも起因している。
——誰かの声。ううん、誰かの叫ぶ声。
——群れを恐れた誰かのそれ。

元ネタ

ムリアン
北欧の伝承に登場する妖精。
異教徒の魂が天国に行ける程良い魂でもなく、かといって地獄に行く程悪くもないため、
地上に留まってこの妖精になるとされる。


関連項目

《怪異》群れのムリアンの種族分類。

《怪異》群れのムリアンの眷属型。

関連タグ


リンク