"無限"

作品名:アンチリテラルの数秘術師
使用者:羽鷺雪名、ラティエル、他の"高貴なる血族"

※この項目は高貴なる血族の"無限"の能力について紹介しています。
 アイン・ソフとしての"無限"の能力はアイン・ソフの項目をご覧ください。
アンチリテラルの数秘術師に登場する能力。
高貴なる血族(ノーブルブラッド)の長が代々引き継ぐ"災厄の数"の能力。
不老不死となって無限の時間を生きる能力である。




能力についての詳細

不老不死化

  • 死亡時に自傷他傷関係なく強制蘇生・治癒する
    • 死なないというより死ねない。
    • 至近距離の核爆発からも蘇生している。
  • 能力発動時は 赤い天使の羽根 が生える
    • という記号の赤いスカラーで形成された羽根。
 雪名の背中に、赤いスカラーで形作られた————天使の羽根が生えて視えた。
 それは性格には数字ではない。∞という記号。アンフィニの記号を模した形の羽根だ。
 死に至る傷を負っていた雪名の肉体は、ビデオの逆再生をかけているかのように、俺の眼前
で見る見る内に元の姿へと修復されていく。身体の擦り傷も、割れていた頭蓋も、額に穿たれ
ていた弾穴さえも。わずか10秒程度で、時間を遡ったように無傷の姿へと戻ってしまう。
  • 不老化
    • "無限"を継承すると不老不死となる。
「老いる事も死ぬ事もなく、ただ無限の時間を持つ。私はね、"無限"の"災厄の数"だよ。」

スカラーの永久機関

  • 自分の時間を莫大なスカラーへと変換する事ができる
    • 不死身であるため大量のスカラーを無限に生成できる。
    • 大量に命を失うことで感情が希薄となる。
「古代の呪術師達は、神へ生け贄を捧げる事によって強力な術を扱う事が出来た。理由は簡
単。人の生きられる"時間"とは、すなわち膨大なスカラーだったからさ」

(中略)

「まさか君は————自分の無限の命を、数秘術のエネルギー源として使っているのか!」
「自分の"時間"を消費すると、こんな具合に情緒が鈍感になってしまうのが難点だがな」

封印解除の条件

  • 完全な自己存在の否定
    • 普段から自己否定をしている羽鷺雪名すら解除されていない
      • 特殊な器機による暗示強化を利用する事でようやく封印が解除される。
「私は少女の抱いていた未来の希望を丁寧に殺した。少女が"自らの存在を否定する"よう
に強く暗示し続けた。その暗示は。この子宮を模した水槽内で増幅され。最後にはロウソクの
火が掻き消えるように。少女の自我は完全に消え去るんだ。その時。魔物は思考力の主導権を。
少女から奪い返して覚醒する。つまりこの美しい少女の肉体を容れ物とした。悪夢のような魔
物が。再びこの地上に蘇るという事だよ。(以下略)」

欠点

  • 不死性を制御できない
    • 強制的に復活・再生するため、自殺する事はできない。
  • 精神的な攻撃に関しては不死性を持たない
    • 上述の封印解除の条件からも精神的な傷を修復・再生することはできない。

使用者との関連性

"災厄の数"の継承

  • 変革の石を使わずして誕生する災厄の数
    • アイン・ソフの封印を継承することで誕生するタイプの"災厄の数"

元ネタ

無限
限りないこと。有限世界しか知らない人間には理解が非常に難しい概念であるとされる。
数学上では"∞"もしくは"1/0"と表記される。

ラティエル
ラジエルの別名。智天使の一人。
その名は「神の秘密」「神は私の歓び」を意味し、神秘の天使とも言われる。
宇宙の知識すべてを網羅した「天使ラジエルの書」をアダムに与えた。
また、旧約聖書外典エノク書にもラティエルという星座の天使が登場する。


関連項目

"無限"の能力分類および種族分類。

"無限"の力の源であり、原因。

関連タグ


リンク