《怪異》トロール

作品名:スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)
使用者:エイブラム・ストーカー
別呼称:第3に血の大地を砕くもの、打ち砕くもの、揺るがずに聳え立つもの。
    朱の大地より生まれ出でて,小さき命を吸い続けるもの、大地の恐怖

漆黒のシャルノスに登場する《怪異》(メタ・クリッター)
四大の一つで土を司る眷属型の《怪異》。
振動を纏う土の怪物。 身体を構成している土に触れたものを破砕する能力を持つ。
また、眷属型《怪異》の共通の能力として分裂、進化、再生、高生命力、疑似的な自動反撃、シャルノスへの誘引、
自動追跡(対象は黄金瞳のみ)を持つ。




存在についての詳細

名前の由来

  • 絵本に登場する土の巨人
    • 元ネタは様々な伝承を持ち、ホルヘ・ルイス・ボルヘス『幻獣辞典』 や北欧の絵本に登場する。
トロール。そう囁く声が聞こえていた。
思い出すのは、幼い頃に絵本で読んだ、
土の巨人。

形容

  • 振動を纏う土の怪物
    • 耐え難い悪臭と刺激臭を放つ。
    • 無数の紅い瞳を持つ。
    • 周囲を揺るがす振動を放っている。
      • その振動で自身を構成している土を溢している。
耐え難いほどの悪臭と刺激臭を漂わせて、
耐え難いほどの振動と揺らぎを身に纏う、
土の、怪物。
暗がりに、
それの生み出した奇妙な明かりが浮かぶ。
体表を覆う無数の紅い瞳がぐるりと蠢く。
それは石と土とを全身に纏いながら、
濁った土によく似た色を湛えて、
体表の破片を溢して。
  • 登場初期は貌にあたる部位に白い仮面がついている。
    • 後半で仮面がはずれ、人の紅い瞳が露になる
      • 宿主の瞳に似ている。
幾つもの石と岩と土の上にある“貌”を。
白色の硬質なものに覆われた、
仮面のような“貌”のかたち。
それが、ひび割れて——
音を立てて石畳に堕ちる——

(中略)

仮面の下にあった本当の“貌”を。
紅い瞳。けれど、蠢く無数の瞳とは異なる、
人間のものにひどく酷似した血色の双眸を。

振動を纏う土塊の怪物

  • 振動を纏って触れるものを打ち砕く
    • シャルノスの狭間の石畳が存在しているだけで砕ける。
舗装街路を砕くほどの、激震の黒い怪物。
そう、それは常に揺れていた。
何もかもを崩落させる地揺れのようにして。
何、何。これは。
炎でも風でもなく振動を纏った、怪物。
  • 自身を構成している土塊に振動による破砕能力がある
    • どんな小さな欠片であっても触れたものを破砕する。
僅か3フィートの距離から、
激しく振動する土くれの破片が落ちていく。
小さな破片が触れると、
スカートの端が風船のようにぱんと弾けた。
肌が、同時に、僅かに裂かれたのを感じる。
  • 傷口からも土を吹き出す。
    • 一種の自動反撃とも言える。
体躯に空いた孔から土が吹き出して、
それは、黒い街の建造物の幾つかを砕いた。


使用者との関連性

妖精型からの進化

  • 妖精型からの進化
    • 自身の精神を進化に必要な要素として用いて進化させた。
【モラン】自己の精神を残る要素として
     眷属型への進化を果たしたと予想されます。


元ネタ

トロール(troll
北欧の伝承に登場する妖精の一つ。大地や山に住む巨人とされる。


関連項目

トロールの種族分類。

トロールの妖精型。

関連タグ


リンク