聖者の数字

作品名:Fate/EXTRA
使用者:セイバー(= ガウェイン)

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場するスキル。
一定時間内では効力が三倍と化す スキル。
Fate/EXTRAの舞台であるSE.RA.PH内では太陽(=照明)が落ちないため、常時発動している。




能力についての詳細

午前中は戦闘能力が三倍

  • 定められた三時間中は防御能力が3倍になる
    • 区間は9:00~12:00および15:00~18:00
ガウェイン卿の持つ特殊体質。
午前9時から正午の3時間、
午後3時から日没までの3時間だけ力が3倍になるというのも、
ケルトの聖なる数字である3を示したものである。

生成物が三倍

  • 作った物の量が三倍になる
    • 昼間に料理をするだけで量が三倍になるらしい。 だめだ、この騎士はやくなんとかしないと…
ガウェイン「かくなる上は、更なる精進を誓います!
      より密度のある山盛りポテトを
      築いて見せましょう!」
     「なに、私の場合、
      昼間に作ればなんでも三倍です!」

欠点

  • 太陽が落ちてからの一撃で破られる
  • 太陽が落ちる前に戦闘を仕掛け、落ちてから一撃を浴びせることで解除される
    • セラフ内の照明でも適応されてしまう。
      • セラフの照明もセラフのシステムをハッキングする必要があるので普通はまず不可能。
  • 一度破られるとその相手に対して発動しない
遠坂 凛「伝説通りなら——
     その欠点は、一度破られれば、
     二度とは作用しない点と見た。」

使用者との関連性

能力の基となった伝承

  • ガウェインの伝説
    • 午前中に無敵の力を誇った伝説。
ガウェインの英雄譚は『円卓の騎士』として
あまりにも有名だ。
忠義の騎士として主君に仕え、
陽が上る午前中は
無敵の力を誇ったと謳われる無双の英雄。
  • 欠点も伝説通りである
    • 裏切りの騎士ランスロットが日没まで時間を稼いでガウェインに一撃を与えた伝説。
      • 能力を破られた後に攻撃を与えられたことで力を失った伝説。
伝説で語られた最期は、
陽が落ちるまで時間を稼いだ
ランスロット卿の一撃が重傷となり、
それが原因となったと語られる。

元ネタ

上記"使用者との関連性"と同様なので省略。


関連項目

セイバーの宝具。

関連タグ


リンク