《奇械》ザハーク

作品名:赫炎のインガノック
使用者:大公爵アステア,クルツ・ヒラム・アビフ,他アムネロール中毒者

スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)に登場する存在。
《奇械》のひとつ。
能力として集束した発振する紫電を放つ《忌まわしき暗き空》を持つ。
また大公爵アステアへ 33体のザハークの宿主の生命が供給されており、大公爵はザハーク33体の支配権と33人分の生命を持つ。
また《奇械》の特性として物理無効と物理無効化無効、再生能力および消滅耐性と非顕現時限定で不可視の能力を持つ。




存在についての詳細

形容

  • 大蜘蛛に似た鋼鉄の《奇械》
    • 8本の長い脚を持つ。
    • 無数の複眼をもつ。
    • 巨大単眼を持つ。
      • クルツ・ヒラム・アビフのザハークは単眼を閉じている。
その名は《奇械》ザハーク。
人型ではなく、大蜘蛛に似た鋼鉄の異形。
無数の複眼と8本前後の長い脚を有する。
特徴は、複眼とは別に存在する
巨大単眼だが、その眼は閉ざされている。

人工《奇械》

  • 麻薬アムネロールによって顕現させられる《奇械》
他の《奇械》は名前ごとに1体のみだが、
この《奇械》は総数で33体が存在する。
1体は現象数式実験で顕現させたものだが、
他の32体はこの10年で研究開発された
人工的な《奇械》であると言える。

《忌まわしき暗き空》

  • 集束した発振する紫電の熱線
    • クリッター、《奇械》を全て焼き尽くす。
    • 攻撃時は尖った脚部へ紫電を纏わせて攻撃する。
      • 雷撃を撒き散らしており、攻撃を回避しても紫電で焼き尽くされる。
雷の名は《忌まわしき暗き空》。
摸造眼球の前へと集束する紫電は破壊の力。
鋼も人も、触れるものすべてを焼き尽くす。
  • 胎児の死因が衝撃死だったことが基なっている能力
「衝撃死
       《忌まわしき暗き空》」
  • 影からも紫電を放つことが可能。
影から紫電が無数に放たれる。
クリッターであっても崩壊させる灼熱の光。

大公爵へ生命を供給する

  • 大公爵アステアへ自身の生命力を供給させる。
    • 故人である大公爵が活動できるのは33人の生命を持つからである。
    • 大公爵アステアを倒すにはザハーク33体を倒す必要がある。
——そう。
——都市に顕現した《奇械》ザハーク。
——それと同じ数だけ、私は命を持つ。
  • 33体全てのザハークを操る
    • 大公爵アステアを倒すにはザハーク33体を相手にする必要がある。
——31体の我が《奇械》がきみを喰らう。
——きみはここで終わりだ。

欠点

  • 全箇所の同時圧壊
    • クルツ・ヒラム・アビフの使う《奇械》ザハークの弱点
      • 暴走状態で《奇械》本来の弱点である“緒”が既に切断されてしまっている
      • 《奇械》のもう1つの弱点である同時圧壊でしか破壊出来ない。
——すべての《奇械》は不滅——
——物理破壊は不可能——
——ザハークの場合——
——破壊方法は——
——宿主との“緒”を切断——
——しかし——
——既に“緒”は途切れている——
——暴走状態にある顕現《奇械》の——
——唯一の破壊方法は——
——全箇所の同時圧壊——
  • 33体の《奇械》ザハークの破壊
    • 大公爵アステアの《奇械》ザハークの弱点
      • 《奇械》ザハークの数=大公爵の命のストックであり、1体、2体を潰しても意味はない。

使用者との関連性

新薬アムネロール中毒者との関連性

  • 大公爵によってまかれた麻薬の服用者

大公爵との関連性

  • 大公爵アステアの顕現した《奇械》
    • 新型麻薬アムネロールを開発、流通させて《奇械》ザハークを量産・支配できるようになる。
  • 既に死亡したアステアの延命手段
    • 大公爵アステア自身は既に死亡している。
      • 死体が動くために《奇械》ザハークを通してい命を奪っている。


関連項目

《奇械》ザハークの種族分類。

《奇械》ザハークに対応するクリッター

関連タグ