《奇械》

きかい
作品名:スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)
用語分類:種族分類
英表記:Mad-chine.

赫炎のインガノックに登場する用語。
異形都市インガノックに現れる存在。
あらゆるおとぎ話を捨てたインガノックで唯一残る人々に《美しいもの》を見せるとされるおとぎ話の存在。
物理無効のクリッターすら砕くが、《奇械》自体も物理が通用しない。




《奇械》についての詳細

形容

  • 目に特徴がある
    • 初期~中期のものは「両目を閉じている」「片目を開けている」「ひとつ目」等
    • 開いた両目を持つ《奇械》は、終期型のみ。
  • 宿主とコードが繋がっている
    • 作中では“緒”と表している。
  • 終期になると「口」が形成され、慟哭をあげる。

宿主の背後に佇む

  • 空間から出現する鋼の存在
    • 総数は常に41体
    • 宿主の背後に佇み、共にいる。
    • 安らぐ歌を好む
蠢くように伸ばされていく。
自由に。その手は、血臭漂う空間を裂いて。
暗闇の中へ伸びていく。
鋼色が、5本の指を蠢かせて現出する。

クリッターとの対応

  • クリッターにそれぞれに対応する個体が存在する。
41の《奇械》と、41のクリッター。
それぞれには対応する固体が存在する。

一部の《奇械》は量産可能

——量産型《奇械》とは。
アムネロールによって引き出されるもの。
個性を持たない、大量生産品の如き姿の
哀れなる《奇械》。

その正体

  • その正体は《復活》の直前に死亡した胎児達が《生まれる可能》
    • 産まれるはずだった可能性が根源存在によってかたちを得た。
      • 物質ではないので壊れる、朽ちるなどの概念を持たない。
      • 可能性存在であるのであらゆるものを倒し得る。
【レムル・レムル】僕たち《奇械》は、41の命の可能性。
         正しく命ではない。
         だから、死なない。
         だから、朽ちることがない。
         けれどそれは物質としてのかたちを
         持っていないということだ。
         僕たち《奇械》は可能性であるだけ。
         クリッターも、同じこと。
         だから強い。
         可能性なんだから。


《奇械》の戦闘能力

基本性能

  • 以下の能力を持つ
    • 基となった胎児の死因に関する能力。
    • 物理無効化
    • 物理無効化無効
    • 再生能力
    • 消滅耐性
    • 成長
      • 『拡大変容』(パラディグム)とも呼ばれる。
    • 不可視(非顕現時)
    • 守護

成長

  • 宿主の心に応じて成長する
    • 初期型、中期型、終期型へと段階を遂げて変化する。
    • 可能性存在であるため様々な成長の可能性を持つ。
      • 拡大変容(パラディグム)とも呼ばれる。
——現象数式実験。
——それに伴う《奇械》の発生とは。

(中略)

そして生んだのだ。
41の《奇械》たちを。
41の背後に佇む者を。
彼らは“緒”によって人間と繋がり、
その人間の心に応じてやがて変化していく。
彼らは何かになろうとしている。
人間のようであり鋼である彼らは、何かに。

不滅・再生能力

  • 弱点以外の破壊を防ぐ
    • 全箇所圧壊か"緒"が切断されない限り、消滅しない。
    • 自分から切り離した“緒”は弱点に入らない。
    • 損壊しても再生する。
けれど、再生を始めている。
けれど、真紅の鋼はギーから離れていない。
ギーの影から繋がる“緒”が砕ける前に、
鋼の“彼”は自らの体を切り離していた。
故に、再生が始まる。

欠点

  • 《奇械》を使役するには神経負荷に耐える必要がある。
【ギー】きみは神経負荷に耐えきれていない。
    その《奇械》は、きみを殺す。
  • “緒”を切断されると消失する。
    • “緒”も《奇械》の一部であるため物質的な崩壊を持たない。
唯一の破壊方法は“緒”の切断。
人間と異形の影とを繋ぐあの細い“緒”だ。
あれを奪ってしまえば《奇械》は消える。


関連項目

劇中に登場する《奇械》


関連タグ