ノア(Hyper→Highspeed→Genius)

作品名:Hyper→Highspeed→Geniusシリーズ
使用者:葉月翠名、サクラ=ウィンザー、時雨里姫乃、聖女アナ、サリー・霧宮

Hyper→Highspeed→Geniusに登場する道具。
所有者の意志に応じて世界を改変する能力 がある。
その正体は聖女アナの記憶 である。




秘宝としてのノアについて

『聖女』に宿る

  • 『聖女』に宿ることで願望機としての力を発揮する秘宝
    • 以下の条件を満たすことでノアを有することができる。
      • 『聖女』であること。
      • 世界を手に入れたい、もしくはそれに匹敵する『強い意志』を持つこと。
      • 『守護者』であること
西九条「『ノア』が宿る条件は『強い意志』と『守護者』、
    そして『聖女』の三点と言われている」
   「つまり『聖女』が『守護者』であれば、ごく自然な
    移動となり、明智に害なく『ノア』を宿すだろう」
  • 『聖女』の資質を持つ少女が複数いれば、複数の人物へ宿ることが可能
    • この場合、上記の条件に”少女“であることが加わる。
メフィスト「だが、そのせいで彼女が宿していた『ノア』は、
      大暴走を開始し——」
     「『強い意志』を持つ、世界中にいる『守護者』たちに。
      『聖女』になる資質を持った少女に分散して宿った」

『守護者』への感化

以下の3パターンで『守護者』限定の感化を行った。
ノアの暴走
  • ノアの暴走によって恐慌・昏倒・暴走が引き起こされる
    • 暴走する条件は以下
  1. 世界長選挙が終了して世界長が選出されている。
  2. 世界長が上述の条件を満たしていない。
光理 「『ノア』の暴走の余波は学園中……いや、街中に
    広がっていたらしくてね」
久司郎「そんなになのか?」 
光理 「あの時の『守護者』たちはもう大変だったんだ。
    突然倒れたり苦しんだりしてね」
   「生命力の弱い人なんかは『ノア』からの干渉で
    『能力』が暴走して、入院してしまったらしいよ」

防衛機構
  • 近づいた『守護者』の『能力』を暴走させる
    • 世界長選挙が終了していない状況でノアに近づくと発動する。
もしこいつが『能力』に反応し、その持ち主である
『守護者』に何らかの影響を与えたのだとしたら。
——『能力』のない俺には絶対に分からない何かが、
ここにはあるということになる。

ノアの一部を宿す
  • 『聖女』の記憶を『聖女候補』に宿す事が出来る。
    • ノアに『聖女』の記憶そのものが宿っているため『聖女』を宿せる。
    • 青い光線として発射し、命中したものに『聖女』の記憶を宿らせる。
メフィスト「サクラの体に宿っているのは、
      紛れもなく『ノア』の一部」

      (中略)

久司郎  「一部、とはなんだ」
メフィスト「『ノア』に宿る、聖女の記憶——だよ」

『能力』の無制限強化

  • 宿った者の『能力』を世界規模にまで広げる
    • あるルートの"未来の日"では世界全ての事象を予知して人民を制御することができている。
メフィスト「『ノア』には『能力』を無限に広げる力がある。
      それこそ、世界中を包めるレベルまで」
  • 分散したノアの力の一部でさえ、地球の軌道を変えるレベルの強さへと強化する
 やがて『聖女候補』と、それを祭りあげる
 人々により、世界を巻き込んだ『守護者
 戦争』が起き、その影響によって、地盤は
 歪み、地軸はずれ、地球の軌道すら変化し、
 世界は破滅へと向かった。
  • 悪魔図書館に資料無し
    • 悪魔図書館はノアによって創造された能力。
    • 隠匿している?
光理 「まあ、そうは言っても『ノア』に関する事は
    ほとんど分かっていないからね」
久司郎「悪魔図書館にも記載されていない、
    謎の秘宝というわけか……」
光理 「その通り。だから、私は求めるんだ『ノア』をね」

世界改変

  • 『聖女』の望んだ形に世界を改変する
    • 世界規模での意識改革・記憶改変が可能
    • 『ノア』自体を消去することも可能
西九条「『秘宝ノア』には『聖女』の強い願いを叶える、
    そういう力があるとされる」


ノアシステム

ジーニアス計測値測定システム

  • ノアによる『守護者』の強度計測システム
    • 『女神』の世界における『守護者』の価値を決定づけるシステム。
    • 本当は 魂の価値が聖女アナにどれだけ近いかを測定するシステム
      • 高いほど聖女アナ復活の燃料として狙われやすい。
聖女アナ「わたしの身近に、ジーニアス計測値——魂の価値が
     とても私に近い存在がいたのがいけないんです」
    「そりゃあ、率先して食べられちゃいますよね」


聖女アナとしてのノアについて

『能力』略奪

  • 過去・未来・現在の可能性から『能力』を奪う
アナの使う『鋼鉄乙女』は今の姫乃のものではなく、
未来の姫乃の可能性から奪ったものだろう。
  • 略奪した能力を使用できる
    • 複数の能力を併用することは出来ない。
    • 悪魔図書館もノアの力の一部だから同じような事が出来る?
聖女アナ「今の私は、九頭竜の『能力』——皆さん9人の
     『能力』を使えるんですよ!」

     アナの周囲に紙片が舞い、様々な色の魔方陣が生まれる。
  • 奪い返される欠点がある
    • 真の持ち主が正しい使い方とその意志を伝えることで持ち主へと戻る。
そう。九頭竜の『能力』——アナが手に入れた、
彼女たちの『能力』は借り物に過ぎない。
故に、真の持ち主が正しい使い方とその意志を伝えれば、
『能力』はその持ち主に戻るのだ。

存在吸収

  • 所有者の肉体・精神・『能力』・装備を吸収する
    • ノア内部へと取り込むことで力と肉体を得る。
    • 『ノア』が消滅しない限り、取り込まれた人間は戻すことができない。
聖女アナ「はいっ! 『ノア』の中に入って貰って、
     私の力として取り込んだだけですからねっ」
  • 『体』を復活させるには天下布武を取り込む必要がある。
    • さらにその生命力を維持するためには何名かの『能力』を吸い取る必要がある
聖女アナ「僚樹さんを取り込むことで、私の『体』が復活する。
     彼のおかげで、完全な力を取り戻し始められる」
    「彼の持つ『能力』……『天下布武』は、
     私の命の火を灯すためのものなんです!」
    「もっとも、その命を維持するためには何人か取り込んで、
     何人かの『能力』も吸い取らないと無理でしたけど」
  • 聖女アナ自身に感化能力がある
    • 聖女アナに触れている間は正常な思考ができなくなる。
少女の手を握っていると、頭の中がどんどん
霞がかっていく。
正常な思考ができなくなっていく。
まるで優しい毒だな、なんて思う。

ビーム

  • 上述のノアの一部を射出している。
    • 命中していないため実際の効果は不明。
      • メフィストの解説によると修正天使のように『能力』もしくは精神に異常を来たす効果があるらしい。
光理 「ちなみに、さっきの青いビームは『ノア』の
    アレと同じようなものだったよ」

    (中略)

    姫乃を根負けさせ、最後の『聖女候補』となった時、
    青い光がサクラの体を貫いて『能力』を暴走させた。


使用者との関連性

『聖女候補』達との関連性

  • 自分達を聖女候補として選んだ存在
    • ノアを宿す資格をノアによって渡された。
      • “未來の日”において無限に『能力』を拡大させる。

聖女アナとの関連性

  • 己の願いを叶えるための秘宝
    • 世界の滅びを回避するために様々な現象を生んだ。
      • 未來で復活するために己の記憶をノアに宿した。
      • あらゆる可能性を打ち破るために光速思考の持ち主が現れる可能性を見つけ出した。
      • あらゆる情報を蓄積する悪魔図書館を作り出した


元ネタ

ノア(ヘブライ:Nōªḥ‎、Nóaḥ
旧約聖書に登場する人物。
世界規模の神罰である大洪水から家族と共に逃れることを神から許された人物。


関連項目

ノアによって強化・暴走させられた能力


その他

ノアとの融合によってあらゆる可能性を打破することが可能な光速思考を得ることが可能な能力

ノアに接続して、『はじまりの聖女』に関する情報を書き換えられる『能力』

関連タグ


リンク

Wikipedia ノア(聖書)
道具,秘宝,Hyper→Highspeed→Genius,世界改変,能力強化,精神攻撃,自動防衛,自律兵器,能力吸収,肉体吸収,物質吸収,精神存在,光弾,感化