高速思考

ハイパーハイスピード
作品名:Hyper→Highspeed→Genius
使用者:明智久司郎、零月、フィアナ・アストレイア
別呼称:複数並行思考,時間停止(エンドレスターン)

Hyper→Highspeed→Geniusに登場する能力。
『能力』(ギフト)のひとつ。
作中当初の明智久司郎の高速思考は『能力』ではなく 技能の研鑽によって手に入れた高速思考技能
『能力』としての高速思考は 体感時間遅滞による先行動作を決められる能力
さらに"世界の未来 "では ノアと融合して無限の可能性を予測できる『光速思考』の能力になることが示唆されている。




『技巧』としての『高速思考』

自己研鑽によって『時間停止』の域まで達した思考速度

  • 時間を停止させるレベルの思考速度の高速化
    • 無限に考えることが可能。
      • 思考以外はできないため、現実で起きている事に対して干渉はできない。
俺の『能力』である『高速思考』。
それを用いた瞬間、思考は加速に加速を重ね。
全ての事象を停止するほどの思考速度を得る。
つまり、俺はどんな事柄でも無限に考え続け、
答えを見つけ出すことが出来るのだ。
  • 自己研鑽によって得た『技巧』
    • 並列思考を重ねがけしていくことで獲得した。
——『思考速度』。
これをもっともっと速くすれば、それはある意味
特殊な力にならないだろうか? と。
それから俺は、同時にいくつまで思考出来るかを
試してみた。
最初は当然上手くいかなかったが、集中するための
合図みたいなものを作った時に……。
不意に世界が停止したのだ。

発動条件

  • 右手を顔に当てて指の間から世界を見る
    • 思考速度の加速練習をするときに加速する合図として使っていた。
顔に右手を当てて、指の間から世界を見る。
それをして初めて俺の思考は加速できるのだ。
咄嗟に集中なんて出来そうもない。

二次加速

  • 『高速思考』中の凍結世界に対して『高速思考』を行う二次高速思考
    • 人間の限界を超える量の思考と情報処理を行える。
      • 記憶と体感覚からの五感処理、そこから未来予知の域まで情報処理が可能。
    • 『技巧』であるため、人間の限界に到達し、昏倒する。
手は動かしてはいない。顔に添えられたままだ。
そのまま、凍結した世界を睨みつける——!

(中略)

今までに経験したことのない量の思考を並行させる。
感じたことのない痛みが、ギシギシと頭に走り、
耳の奥で、ノイズのような音が鳴り渡る。

五感情報の処理

  • 情報だけで視覚などの五感を補う
    • 条件としては周りの情報を長時間記憶していること、
      もしくは『高速思考』の重ねがけ

+ 『高速思考』の重ねがけ

+ 周囲の環境を長時間記憶している場合



『能力』としての『高速思考』

誰よりも早くに先行動作を決定できる『能力』

  • 次にどう動くかを決められる能力
    • 任意で時間停止世界になると思われる。
久司郎「本当はどんな『能力』なんだ?」

    あの悪魔図書館の蔵書の中にもきっと、
   『高速思考』はあったに違いない。

光理 「本来は『次にどう動くのか』を決められる、
    先行動作のための『能力』なんだよ」

体感速度の高速化

  • 体感時間が本来の6倍以上に引き延ばされる能力
    • 常時発動している『能力』であるため、寝ている間も発動している。
俺は本当に『守護者』として目覚めたという
自覚を持っていた。
時計の針を見ていても、さっきからまるで時間が進まない。
一分が何倍にも感じられ、このに時間は既に
半日分以上の体感時間となっていた。
この『高速思考』という『能力』——。
俺が制御していなくても、ほぼ自動で発動してしまうのだ。

『技巧』である高速思考からの変容

  • 半日以上の思考加速を行うことで発動状態が曖昧になる
    • 言葉を発している間は発動状態がOFFになる。
    森の地形から環境から、とにかく全てを記憶するために
    俺はかなり長い時間、『高速思考』を使い続けた。
    また、夢子の攻撃を回避するためにも、
    ずっと『高速思考』を続けて状況把握していた。
    アイリスとの戦いでも、記憶した森の情報を使用するため、
    高速に思考を展開し続けた。
    だから……今もスイッチだけが壊れてしまい。

久司郎「思考し続けるだけの長い夜になっている、
    というわけか……」

   言葉を発している時は時間の進みが速い。
  • 目が赤くなる
光理 「私にも分からないね。どうやら兄さんの目は、
    『高速思考』の酷使のせいで変化してしまったようだよ」

情報量の制御による自己的な封印

  • 視覚情報などの一部を制御する事で一時的に使用できなくする。
    • 作中ではカラーコンタクトを使用して視覚情報を減らし、能力を無効化した。
メフィスト「『高速思考』は情報を高速に処理する『能力』。
      そして視界はもっとも情報量が多いだろう?」
久司郎  「ふむふむ」
メフィスト「そこでその取得情報を制限するんだ」
久司郎  「カラーコンタクトで、か?」
メフィスト「多分『高速思考』の書物にあった方法で作った
      ものだから、上手いこと君を助けてくれるはずだよ」

+ カラーコンタクト


使用者との関連性

零月

  • 『女神』の設定で与えられた能力
    • 明智久司郎の宿敵的な立場になるように持たされた『能力』。
      • 明智久司郎が『能力』に目覚めた時に失われる。
そう、なぜなら『能力』の『高速思考』は今、
俺が所持し、使用している。
そうである以上、零月の持っていた『高速思考』は
消滅し、使用できなくなっていると思っていい。

フィアナ・アストレイア

  • 能力略奪による獲得
    • 本人の勘の良さと身体能力の高さが加わり、戦力的な隙がない。
元々勘の鋭いフィアナが『高速思考』を
使えるなんて、まさに鬼に金棒だよな……
全体的に身体能力が高いから、
隙がないというかなんというか。


関連項目

高速思考の能力分類。

高速思考の進化系。

高速思考の持ち主と共にあることで発芽する『能力』

関連タグ