《奇械》オロ

作品名:赫炎のインガノック
使用者:ヨハン、ヨシュア

スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)に登場する存在。
《奇械》のひとつ。
能力は あらゆるものを自壊させる破壊の力を霧状に噴出する《この胸を苛む痛み》。
また《奇械》の特性として物理無効と物理無効化無効、再生能力および消滅耐性と非顕現時限定で不可視の能力を持つ。




存在についての詳細

形容

  • 単眼で鉄の人型《奇械》
    • 胸に穴が空いている。
    • 初期型の《奇械》ポルシオンと同程度の大きさ
    • 《奇械》の弱点である“緒”が付いている
その影は一見すると人間のようでもある。
けれど、ひどく歪んでいた。
腕の生えた揺りかごにも見える歪んだ人型。
硬質の鉄の体がそこには在った。
ぽっかりと空いたひとつの穴。
人間の骨盤を思わせる、体躯。
ギーの背後の“彼”と同程度の大きさか。
穴の中で浮かび上がる光は単眼か。
頭部に見える部分から伸びている“緒”は、
少年の足元の影へと繋がっていた。

《この胸を苛む痛み》

  • あらゆるものを自壊させる黒い霧状の力
    • 触腕から周囲へ噴出する。
      • 攻撃時は霧を纏った触腕を疾らせて攻撃する。
立ちはだかるギーへと少年の叫び声がふたつ!
浮かぶ《奇械》の周囲に黒霧が立ち込める。
あらゆるものを砕く力が確かに視える。

(中略)

力の名は《この胸を苛む痛み》。
触腕から噴出される霧状のものは破壊の力。
鋼も人も、触れるものすべてを自壊させる。
  • 胎児の死因が窒息死が基となっている力
「窒息死
       《この胸を苛む痛み》」

欠点

  • “緒”の切断もしくは全箇所同時圧壊
    • 《奇械》全てに共通した弱点
——すべての《奇械》は不滅——
——物理破壊は不可能——
——オロの場合——
——破壊方法は——
——宿主との“緒”を切断——
——しかし——

(中略)

——これ以上の神経負荷をかけない——
——唯一の破壊方法は——
——全箇所の同時圧壊——

使用者との関連性

《奇械》オロの前の宿主

  • 死去した《奇械》オロの前の主がヨシュア少年の内に《奇械》に記憶を載せて蘇った。
    • しかしヨシュア少年の肉体はその記憶に耐えられなかった。
——少年の肉体は既に限界——
——オロのもたらす記憶は——
——少年の神経を破壊する——


関連項目

《奇械》オロの種族分類。

関連タグ