《奇械》トート

作品名:赫炎のインガノック
使用者:ケルカン

スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)に登場する存在。
《奇械》のひとつ。《奇械》クセルクセスの終期型。
能力である《安らかなる死の吐息》が強化されており、 トートから放たれた言葉を受けた者は消滅する
また《奇械》の特性として物理無効と物理無効化無効、再生能力および消滅耐性と非顕現時限定で不可視の能力を持つ。



存在についての詳細

形容

  • クセルクセスと同様の形容
    • 同じく白い仮面
      • ただし顔以外も白色部分がある。
    • 体躯はより マッチョ 巨大になった。
ぽっかりと空いた眼窩は以前のものと同じ。
クセルクセスの名を有していた頃と、同じ。
体躯は一回り巨大だった。
闇色であるのは確かだった。
けれど、今は、顔だけでない部分が白色。

《安らかなる死の吐息》

  • 《奇械》クセルクセスとの差分
    • 《奇械》クセルクセス時は大鎌だったが、《奇械》トートになった後は言葉になっている。
——咆哮が、空間に亀裂を走らせる。
男の叫びに《奇械》が応じる。
闇色巨人の口のない顔から放たれる言葉が
安らかなる死をもたらすのが確かに視える。
  • 対象の“現在”と存在を完全に否定し、消滅させる。
    • 《奇械》であれば消滅させられた部分を再生可能
それは命を破壊して、それはすべてを奪う。
それは人間の“現在”を完全に否定する。
痕跡の一切を残さない。
ただの死をもたらすのではない。
それは“存在の完全な否定”を与えるのだ。
それは人間の存在したすべての痕跡を消す。
それは決して苦しみを与えず、命だけ奪う。
誰も、この吐息からは逃れられない。
  • 次の吐息までに時間がかかる
    • 連続して死の吐息を放つことはできない。
しかしただの声だ。
死の吐息は再装填に時間を要するらしい。
  • 射程は半径数百フィート
闇色巨人が再び咆哮する。
それは周囲の空間数百フィートを巻き込み、
すべてを埋め尽くす。物体の、何もかもを。
咆哮は空間を震わせる。
真紅の鋼を引き裂いた時と同じように。

欠点

  • 初期型《奇械》同様に“緒”の切断が弱点
    • 同じ終期型の《奇械》ポルシオンが“緒”の切断と全箇所同時圧壊が弱点だったので《奇械》トートも同様と考えられる。
——すべての《奇械》は不滅——
——物理破壊は不可能——
——トートの場合——
——破壊方法は——
——宿主との“緒”を切断——

使用者との関連性

終期型《奇械》

登場人物の老師イルから知識等を奪ったことによる終期型へと至った。

元ネタ

トート(Θωθ
エジプト神話に登場する知恵の神。
別名ジェフティ(ḏḥwty


関連項目

《奇械》トートの種族分類

《奇械》トートの初期型

関連タグ


リンク