陣(アンチリテラルの数秘術師)

作品名:アンチリテラルの数秘術師
使用者:明津 憲剛

アンチリテラルの数秘術師に登場する術技。
炎の防御壁を展開する 数秘術の術技。
次の手順で術が発動する
  1. 詠唱
  2. 銃弾同士が青白く線で結ばれる
  3. 線から猛烈な炎が吹き出る

+ 詠唱




能力についての詳細

炎の壁

  • 銃弾間の直線に炎の壁を出現させる
    • 銃弾が2発以上撃ち込まれていることが必要

炎の結界

  • 銃弾で囲んだ陣地内を火柱で覆い尽くす
    • 弾丸が3発以上撃ち込まれていることが必要
 明津の放った銃弾は、それぞれが青白い点となり、隣接している銃弾の位置へ、お互いに青
白い線を延ばす。線は繋がり、やがて来栖の周囲を囲む包囲網のように展開された。
 銃弾によって形作られた結界。
 一瞬のうちに、来栖はその中に閉じ込められてしまっていた。

 (中略)

 明津の言葉が引き金となり、青白い線で囲まれた空間の内側だけが、燃え盛る炎に包まれる。


関連項目


関連タグ