此久佐須良比失比氏罪登云布罪波在良自

かくさすらいうしないてつみというつみはあらじ
作品名:Dies Irae
使用者:櫻井武蔵、トバルカイン(初代)

神座万象シリーズに登場する能力。
トバルカインの使う能力の1つ。
位階は"創造"。発現は覇道。元々は一代目トバルカインの櫻井武蔵の創造。
能力は 一定範囲内のもの総てを朽ちらせ腐らせる腐敗毒の散布

+詠唱
あなはち みぞうめ ひなはち しきまき  くしさし いきはぎ さかはぎ くそへ 
 畔放  溝埋   樋放   頻播   串刺  生剥   逆剥  屎戸

そこはのつみとのっとりわけて いきはだたち しにはだたち  しらひとこくみとはくにつつみ 
  許多ノ罪ト法リ別ケテ  生膚断   死膚断   白人胡久美トハ国津罪 

おのがははおかせるつみ おのがこおかすつみ ははとこおかせるつみ ことははおかせるつみ 
  己ガ母犯セル罪   己ガ子犯ス罪   母ト子犯セル罪   子ト母犯セル罪 

けものおかせるつみ はふむしのわざわい たかつのかみのわざわい たかつのとりのわざわい たおし  まじものせしつみ 
 畜犯セル罪    昆フ虫ノ災       高津神ノ災       高津鳥ノ災   蓄仆シ  蠱物セシ罪 

くさぐさのつみごとはあまつつみ くにつつみ   ここたふつのみいでむ  かくいでば 
 種種ノ罪事ハ天津罪    国津罪  許許太久ノ罪出デム 此ク出デバ  

そうぞう
 創造 

  かくさすらひうしなひて     つみといふつみはあらじ 
 此久佐須良比失比氏――罪登云布罪波在良自 





能力についての詳細

腐敗毒の散布

  • 対象を死体に変える一代目トバルカインの創造
    • 一定範囲内にいるものには必中となる。
    • エイヴィヒカイトの使い手すら腐る。
服がぼろぼろと崩れていく。それに伴い手足は黒く変色し、ひび割れ、そして——

(中略)

血が通わない。心臓の音が聴こえない。そして当然、身体に力が入らない。

使用者との関連性

創造の基になった渇望

  • 責任を取る形で一族で呪いを継承し、罪を浄化させたいという渇望
「偽槍による戦奴化という事態の発端であることを悔やみ、憎み、子々孫々
に渡って受け継ぎ浄化させると誓った彼の渇望」

元ネタ

詠唱元ネタ

+詠唱元ネタ
畔放 溝埋 樋放 頻播 串刺 生剥 逆剥 屎戸
  • 古事記・日本書紀に出てくる天津罪
    • スサノオが犯した罪が基となっているとされる。
生膚断 死膚断 白人胡久美トハ国津罪 母ト子犯セル罪 子ト母犯セル罪 畜犯セル罪 昆フ虫ノ災 高津神ノ災 高津鳥ノ災 蓄仆シ 蠱物セシ罪
  • 古事記・日本書紀に出てくる国津罪
種種ノ罪事ハ天津罪 国津罪 許許太久ノ罪出デム 此ク出デバ
  • 大祓詞の一句、元々は↓
種種乃罪事波(くさぐさのつみごとは)
天都罪國都罪(あまつつみくにつつみ)
許許太久乃罪出傳牟(ここだくのつみいでむ)
此久出傅婆(かくいでば)

此久佐須良比失比氏罪登云布罪波在良自
  • 大祓詞の一句、元々は↓
此久(かく)
佐須良比失比氐婆(さすらひうしなひてば)
罪登云布罪波在良自登(つみといふつみはあらじと)



関連項目

此久佐須良比失比氏罪登云布罪波在良自の能力分類。

此久佐須良比失比氏罪登云布罪波在良自の能力位階。

使用者の魂が封じられている聖遺物。

次回作に登場する術技。
何故か感じが一文字違う。

関連タグ


リンク