ロムルスの槍(アンチリテラルの数秘術師)

作品名:アンチリテラルの数秘術師
使用者:冴上誠一

アンチリテラルの数秘術師に登場する武器。
スカラーで出来た武装であり、あらゆる性質を吸収する特性を持つ

+初期起動シークエンス
《―――アンチリテラルを確認》

         チ ェ ッ ク          オールクリア
《システム状況を確認…………全機能異常なし》

システム・ブート・シークエンス  ファーストブート
《システム起動開始工程。初期起動まで残り30秒。29、28、27……》





能力についての詳細

基本性能

刀身 1メートル程度
重量 皆無
切れ味 マウザーBK27の連射に耐えきるホムンクルスを切断可能
特性 性質の吸収
任意で虚空から出現

形容

  • 小型の短剣
    • 持ち手の柄が異様に短い
  • 両刃の刀身
    • 刀身が青い
    • 刀身の長さは1メートルほど
 口にした通り。槍というよりは剣にしか見えない刃物だ。
 刀身は1メートル程の、肉厚な両刃である。刀身は少し青みがかっていて、持ち手の柄の
部分が異様に短かった。槍ではなく剣にしか見えないのは、そのせいかもしれない。

初期起動していないときはただの小剣

  • 災厄の数のカラスが使ってもただの小剣
    • 性質吸収を行っていないのでただの小剣である

スカラーで出来た武装

  • 空間から形成する
 誠一の垂れた右手の平に、青白いスカラーの輝きが収束していく。
 その光はやがて1つの形を成し、剣の形状に整っていく。
 中世の騎士が扱うような剣である。誠一が虚空から取り出したその剣の刀身は、ロムルスの
槍そのものであった。しかし刀身は美しい空色をしており、薄く発光しているようだった。
  • 重さが皆無
    • 後述で物体を切断できていることから、物質的な性質はちゃんと持っている。
以前見た時とは違い、その槍の刀身は、薄く青白いスカラーの光を放っていた。まるでスカ
ラーの輝きによって構築されているようなその槍は、重さというものを感じさせない。

切れ味

  • クマさんを両断するほどの切れ味を誇る
    • 常人の数倍の筋力を持ち、マウザーBK27の連射を受けても平気なクマさんを斬り伏せられる
 俺は目の前にいたクマさんの1匹を、左右真っ二つに両断した。
 立て続けに、明津の傍にいた2匹を横薙ぎにし、下半身と上半身を切り離す。

性質の吸収

  • あらゆる存在から能力・特性を奪うことができる
    • 作中の世界であらゆる能力を無効化するアンチリテラルの性質さえも吸収可能
「最初に貫いたものの性質を奪い、槍の中に封じる事が出来る。いわば封印装置ってところか
な。これを使って、高貴なる血族はアイン・ソフを封じ込めた。しかしその封印は完全ではな
く、内部に閉じ込めたアイン・ソフの強大すぎる力によって、槍は自壊を始めてしまった。や
むなく、高貴なる血族はアイン・ソフを槍の中から自らの内に移し替え、"無限"の災厄の数となった。(略)」
  • 吸収した能力・性質は剣に付与される
    • 吸収した能力・性質を使う事が可能
「アイン・ソフから聞いている通り、彼と対を為す存在は、太古からアンチリテラルの力だっ
た。アンチリテラルの力はアイン・ソフの揮う無限の力を無効化し、尚かつ攻撃する事が可能
な力だ。今その力はロムルスの槍に収められている。つまりは、ロムルスの槍でアイン・ソフ
を貫けば良いんだ。……その容れ物ごとね」

元ネタ

ロムルスの槍
ローマ建国神話の英雄ロムルスが使用した槍。
槍を突き刺した場所には大樹が生えたといわれる。


関連項目


関連タグ