魔人経巻

まじんきょうかん
作品名:東方星蓮船
使用者:聖 白蓮

東方シリーズに登場する道具。
聖白蓮の使う武装。
巻物であるが、紙媒体ではなく純粋に呪文が巻物になっている。
紙でないので劣化や重量は存在しなく、また詠唱省略や自律するといった機能がある。




道具についての詳細

基本性能

形容 巻物
材質 お経(呪文)
重量 皆無
その他特性 呪いの一品

呪文で出来た巻物

  • 使用者の能力を補助するための巻物
    • 魔法で唱えるお経(呪文)が書かれている
 彼女の持つ巻物(魔人経巻と呼ばれている)には、能力を使う為のお経が書かれている。
  • 紙媒体でないので物理的制限を受けない
書かれていると言っても、巻物は紙で出来ている訳では無く、純粋に呪文だけが巻物になっているのだ。
 その為、紙の巻物に比べ軽く、内容量もほぼ無限。その上、時間によって劣化しないと評判である。

自動読経モード
振りかざしただけで唱えた事になるオート読経モードも搭載されている、らしい。

自律武装

  • 魔界物質で出来た自律武装
    • 使用者以外に使うことができない
 魔界に封印されていた間、暇だから作った物だそうだ。魔界に存在する物質の多くは、それ自体が意思を持つものである。魔人経巻も自らの意志を持ち、他人が扱うことは出来ない。


使用者との関連性

使用者専用の装備である。
また前述のとおり、振りかざしただけで唱えたことになるので、瞬時の魔法の発動等といった芸当が行える。

元ネタ

絵巻物
使用者の元ネタである『信貴山縁起(しぎさんえんぎ)』は
朝護孫子寺に伝わる平安時代末期の絵巻物で、日本の国宝である。


関連項目

  • 聖輦船
    • こちらも村紗水蜜しか操縦できないが、呪われていない


関連タグ


リンク