魔法を使う程度の能力(聖白蓮)

作品名:東方星蓮船、東方心綺楼
使用者:聖白蓮
呼称:魔法を使う程度の能力(身体能力を上げる魔法を得意とする)

東方シリーズに登場する能力。
能力というよりは使用者が仏法を極めた事によって得られた魔法全般の術技を指す。
主に身体強化に用いられる魔法である
身体強化の他にも破壊光や若返り(アンチエイジング)といった術も行う。




能力についての詳細

基本性能

強化 身体能力,不老化(若返り)
持続時間 若返り&不老化は永続
その他 魔人経巻による詠唱省略可能

身体性能強化

  • 肉体強化と感覚鋭敏化
    • 肉体強化による硬化。
      • 八卦炉の中でも平気な身体となる。
 彼女の魔法は肉体強化系で、呪文を唱えれば拳は鋼鉄よりも硬くなり、五感が研ぎ澄まされ、八卦炉の中でも平気な肉体を持つ事が出来るが、通常は非力な人間と同じである。
  • 不老化も可能
    • 千年以上封印されていても老いがない。
長い寿命も、年を負わない肉体も、全て魔法による物だそうだ。
  • 常時発動は不老化のみ?
    • 身体強化等は常時起動していない描写がある
敵対するのなら無防備な時を狙うと良いだろう。
  • 超人「聖白蓮」
    • 身体を強化し、作中ではジグザクに高速移動した

その他

  • 仏法を極めた事で身に付いた魔法
    • 本来は法術と呼ばれる類のもの
 彼女の魔法は、仏法を極めた事で身に付けた物である。しかし、大乗仏教の道からは外れ、魔に魅入られた力を持っている。恐らく成仏する事は出来ないだろう。

欠点

法力によって発動するが必要なのは魔力(もしくは妖力)である
  • 妖怪から力を補給する必要がある
    • 術者が法力で動く船に燃料を補給した描写があるので
      能力の発動には法力以外のものも必要な様子
若返りを自分の物にし、寿命が亡くなった彼女が次に怖れたのはその
力が失われる事だった。

妖術が失われる事、それは人間が完全に妖術を排除する事に他ならない。
つまり、妖怪が居なくなってしまったら、自分の力も維持できなくなる
のだ。


使用者との関連性

高僧の姉弟

  • 弟の法力が詰まった飛倉に暮らしたために身に付いた
    • 妖術に手を出す前は弟から法術を会得していた。
白蓮は、年老いてからその弟に法力を学んだ。
普段は命蓮の法力が詰まった飛倉(とびくら)に暮らし、自然と力を
身に付けた。

(中略)

嘆き悲しんだ白蓮は、死を極端に怖れるようになった。
まず、自分が死なない為に若返りの力を手に入れた。それは法術と言う
より妖術、魔術の類であった。


元ネタ

仏教における魔法
仏の法である仏法に対して生まれた概念が魔の法である魔法。
西洋の魔術ではなく第六天魔王波旬の法という意味である。



関連項目

使用者に関わるもの


同世界での魔法・魔術


関連タグ


リンク