直下水蒸気爆発

アンダー・エクスプロージョン
作品名:アンチリテラルの数秘術師
使用者:羽鷺 雪名

アンチリテラルの数秘術師に登場する術技。
数秘術のひとつ。
対象直下に水蒸気爆発を起こす 数秘術。




術技についての詳細

水蒸気爆発

  • 対象直下に水蒸気爆発を起こす
    • 対象の直下地中を高温にまで加熱して水分を集める数秘術
「超高温の物質に水が接触すると、猛烈な勢いで気化して爆発現象を起こす。いわゆる水蒸気
爆発だ。周囲から集めた大量の水分を、超高温にまで加熱した直下の地中に反応させよう」

威力・規模

  • 木々と土砂を天高くまで吹き飛ばした
    • タイムラグがあって土が降ったと描写があるため、20~50mを吹き飛ばしたと思われる。
  • 徒手空拳で接近戦を行っていたアンデレが巻き込まれない規模。
 地面下で起爆したと思われる爆発は凄まじく、大量の土砂を噴出して、カラスの姿を
覆い隠してしまう。下から突き上げる爆発で、周囲にあったあらゆる木々が根こそぎ空中高く
へと投げ出された。


元ネタ

水蒸気爆発
高温の物質に水分が触れる事で起きる爆発。
原子力発電所での冷却水など、高熱を扱う場所では水蒸気爆発が起きないように細心の注意を払われる。


関連項目

直下水蒸気爆発の術技分類。

関連タグ


リンク