"虚数"

"きょすう"
作品名: アンチリテラルの数秘術師
使用者:黒枝 灯夜(くろえ とうや)

アンチリテラルの数秘術師に登場する能力の1つ。虚数の"災厄の数"(アルヘトス)
虚数を扱う能力であり、 ガウスの迷宮と呼ばれる虚構を現実にする異世界を展開する





能力使用時の形容

  • 胸元に十字型の赤く輝くスカラーが現れる。
  • 両手足からアルファベットのi状の粒子が放出される。
黒枝の胸元に現れる———十字型をした赤いスカラーの輝きが。
それだけではない。黒枝の両手足に、赤いスカラーが炎のように灯って視えた。
目を凝らしてよく視れば……黒枝の手足から放出されているものは炎ではなく、実際には無
数の細かい粒子のようなものである事に気付く。その粒子とは、アルファベットのiだ。


ガウスの迷宮についての詳細

基本性能

射程距離 上空高さ1万メートルの飛行機を含む
持続時間 永続
その他 無差別に取り込む


ガウスの迷宮

虚数iで作られた異世界
「敵は虚数を操る事で、この"ガウスの迷宮"という異世界を創り出す力を持っている。こ
の空間は敵の想像力によって創られた、現実に限りなく近いけれど、決して現実ではない場所」

数理が逆になる

  • 時計の動き、太陽の昇る方角などがぎゃくになった
「────ガウス平面状においてぇ、虚数は反時計回りに振舞って見せますぅ。だからも
ちろんの事ですけどぉ。つまり"この世界"ではぁ、何もかもが反時計回りになるのが当たり前
なんですよぉ」

現実世界の上塗り

  • 迷宮内の事象は誰かのi(ウソ)に上塗りされる
    • 歴史改変、認識の阻害といった現実改変が行われている。
  • 全ての事象が現実世界から乖離されている
    • 現実世界では何も起きていない
    • 生命体は魂だけが引きずり込まれ、ガウスの迷宮内に囚われる
「現実の私達の肉体は、今この場所には存在していないのよ」

(中略)

「今、私達が自分だと認識している身体は偽物よ。そうね、幽体離脱している最中だとでも思
えば良いのかしら。私達は今、異世界に迷い込んだ実体のない魂同然の存在。自分が知って
いる自分の姿を形取っているだけで、私達はただの思念体でしかない。」

虚構の具現化

  • i(ウソ)ついた者の想像力で現実化された事象が制御される
    • 一番強く信じられたi(ウソ)が現実となる。
    • i(ウソ)を現実にできるのはガウス迷宮内にいる人間全員が可能
「(略)このガウスの迷宮では"1番強く信じられたi"だけが現実となっているじゃないか」
  • 想像力を具現化する能力なので、知らない事実は再現できない
「この旅客機が墜落したのに無傷でいるのを見れば納得出来るはずよ。こんな事は、現実世界
では起こりえないでしょう? おそらく敵は、旅客機の墜落現場がどんなものかを見た事がな
いのよ。 だから現実の墜落事故は、この世界では"忠実に再現されない"みたいね」
強く信じられれば勝手に具現化される
  • 死などのイメージが具現化する
「自分が死ぬとどうなるのか。誰も死んだ事がないから正しい事はわからないわ。だけど人に
よっては、魂になるとか、無になるとか。そうした漠然とした死のイメージがあるもんでしょ。
だからよ。化け物になった彼等の姿形が、人によって違っている理由は」
「……何を言ってるんだ?」
「あの化物達の正体は、墜落して死んだ乗客だって言ってるのよ」

+ 死の怪物について

  • 自然界に存在する純粋なスカラーiを衝突させて使用可能にできる
    • 「数秘術が使えない」というiをiで重ねる事で打ち消した。
「……iにiを重ねて、力が使えないというiを無効化したのか……!」

脱出方法

  • 唯一現実世界と繋がっているのが"虚数"であるため、脱出方法は次の2つのみ。
  1. "虚数"が自主的に迷宮を解放する。
  2. "虚数"の災厄の数を殺す
「……間違いなく、彼が現実世界と虚構世界が交わる"原点"。彼の胸元に現れている十字型の座標が、その証拠だよ」
+ …と思わせて

元ネタ

虚数
数学における実数ではない複素数のこと。
1545年にジェロダモ・カルダーノによって著した本『偉大なる術(アルス・マグナ)』に提唱された概念。



関連項目


関連タグ


リンク