魔剣・斬撃皇帝

作品名: 鋼の大地 Notes.
使用者:アド・エデム

奈須きのこ作品鋼の大地に登場する魔剣。
手にした剣種から大地を吸い取り、真エーテルを利用して形成する巨大質量の剣
たとえ"傷"や"死"の概念がない存在だろうと両断し、滅ぼすことができる。




武器についての詳細

魔剣形成

  • 剣種から剣が生える
    • 所有者の開眼に呼応して大地に突き刺さる成長する。
 対象の大きさに合わせて刀身を増大させるだけの単
純な魔剣。
 エデムが手にした剣種から芽吹き、拡大・増築を思
考の速度で行っていく。
(中略)
 魔剣構成前に種子状態で待機し、エデム開眼に呼応
して大地に突き刺さり、緑なすが如く成長する。
  • 真エーテルによって形成される大質量の魔剣
    • 全長数十キロメートルの光子ガスの塊であるタイプ・ジュピターを一撃で両断できる。
    • 巨大な質量を構成するために莫大な大地を変換する。
 しかし、いかに真エーテルを利用した魔剣と言えど、
これだけの巨大質量を構成するには莫大な変換源が必
要となる。
 エデムの魔剣は増大すれば増大するほど、同時に大
地を削り取ってしまう。資源を得る為に大地を流土さ
せていった旧世界の方法と何ら変わらないエデムの魔
剣は、人間を守る為に世界を滅ぼすという人間種の在
り方の具現と言える。
  • 万物切断
    • 傷の概念がなく、死の概念を持たない存在を切断可能
    • 地球を覆う血液や防御膜も切断し、退けることが可能。
 図はその通常戦闘状態。青いオーラに見えるものは
刀身の放つジンではなく、刀身によって裂かれた空。
荒廃した世界の“赤い空”を切り裂いて真実を垣間見
せる、斬撃皇帝の威容である。

+ 赤い空について


関連項目


関連タグ


リンク