名無しの森(Fate > EXTRA)

作品名:Fate/EXTRA
使用者:キャスター(= アリス =ナーサリーライム)
別呼称:ありすのお茶会

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する術技。
キャスターの陣地作成スキルから生み出された固有結界
地形効果として 自我と存在を削る能力がある
Fate/EXTRAの世界ではデータの改竄にあたる。

+詠唱
ここでは、鳥はただの鳥

ここでは、人はただの人


+情報マトリクス
『アクロイドでセルロイド。
 アクロスティックなサディスティック。
 ここでは誰もがただのモノ。
 鳥は鳥で、人は人でいいじゃない。

 貴方のお名前、いただくわ。』




術技についての詳細

基本性能

  • 発動所要時間:詠唱後一瞬

存在と自我の消滅

  • 自我の消失
    • 自我を削る地形効果
    • 名前の忘却に始まり、知識の封印、自我の消失へと続く
ありす「いちいち付けた名前なんて、みーんな
    思い出せなくなっちゃうの。お兄ちゃんも
    すぐにそうなるわ。」

   (中略)

    頭の中が真っ黒い石になったかのように、
    “知識を引き出す”機能が失われている!
  • 無意識への干渉がほのめかされている描写がある。
女子生徒「自我を忘却する固有結界?
     興味深いわね。
     忘却は無意識の欲求によって、
     引き起こされる……。
     なら、その固有結界は、
     人の無意識に働きかけている、
     という事かしらね。」
  • 肉体の消滅
    • 自我と一緒に肉体を削る地形効果
キャスター「むぅ……自我といっしょに存在を
      削る固有結界ですか———」

対策

  • 名前を忘れない
    • 結界内に入った瞬間に忘却する自分の名前を口にするとこの固有結界は強制的に解除される。

その他特性

物理&魂&電子を消滅させられる
  • 霊子=魂を消滅させられる
    • サーヴァントやマスターを消せるので霊子を消滅させられる
    • アバターとその情報も消えるので電子的消滅、ないしデータの消滅が可能
陣地作成スキルによる結界範囲の拡張(漫画版)
  • アリーナで使用後、決戦場まで範囲が広げられている
    • セイバーは陣地作成スキルによる影響と予測した


使用者との関連性

キャスターのマスターが読んでいた絵本がこの固有結界の生成に端を発している。


元ネタ

名無しの森
ルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』に登場する名前を忘れる森。


関連項目


関連タグ


リンク