ジャバウォック(Fate > EXTRA)

作品名:Fate/EXTRA
使用者:ありす
別呼称:あの子、"お友達"

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する使い魔。
キャスターの永久機関・少女帝国(クイーンズ・グラスゲーム)で生み出された怪物。
精神体(ゴースト)のありすから生み出されたので霊子生命体と思われる。
なお、撃破されても召喚者本人にはダメージが無い。

+ アリスのメモ
+ ライブラリ
+ 情報マトリクス




使い魔についての詳細

基本性能

体力 HPが????(9999以上)
攻撃力 サーヴァントを一撃で粉砕する
魔力 サーヴァントとは桁違いの魔力
アーチャー「待て、今までとは魔力の桁が違う……!」

+ 漫画版だとさらに・・・

  • 作中での説明は以下の通り
『正体不明で消息不明。
 火をふく竜とか雲つく巨人。
 トリックアートは影絵の魔物。
 けだし、大人の話はデマカセだらけ。
 真相はドジスン教授の頭の中に。』
  • 電脳世界で生存可能

凶悪な気配

  • 作中ではバーサーカーと勘違いされるくらい凶悪かつ強靭な気配を放つ

+ 漫画版だと

  • 出現するだけでアリーナ全体が鳴動する。
アリーナの床が、壁が、空が鳴動する。
規格外の力の出現に、
自分だけでなく、アリーナすら震えていた。

弱点

ヴォーパルの剣による弱体化
  • 作中ではヴォーパルの剣によって弱体化され、主人公のサーヴァントに討たれた。
    • 「ヴォーパールの剣」がなければ倒せない
倒すためには、何かが足りない……。
そう思わせるほどの、圧倒的な力。
魔力消失
  • 魔力が足りなくなると消える。
ありす「つまんないの……
    この子は、分けてあげた魔力がなくなるまで&
    ここにいるから、また遊んであげてねー!」

その他特性

魂&電子への攻撃可能
  • 霊子=魂に攻撃が可能
    • 霊子生命体のサーヴァントに攻撃可能
    • アバターのマスターに攻撃可能
      • 霊子ハッカーと同様に電子データにも干渉可能と思われる。

エラーバグとして処理されない
  • Fate/EXTRAではアリーナ上にある規定外データはエラーバグとして消滅させられる。
    • 魔力消失まで消滅しないということはエラーバグとして処理されないこと。
    • 霊子生命体であるのが原因?
ありすによる誕生
ありす「ジャバウォックもお友達だよ。」
アリス「そう。
    けれど、あの子はサーヴァントじゃない。
    ありすの力で、ありすが生んだの。」

使用者との関連性

ありすの読んでいた物語から連想したジャバウォックが"お友達"として召喚された。

元ネタ

ジャバウォック
ルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』で記述された「ジャバウォックの詩」登場する怪物。
両眼を燃やし、顎で喰らいつき、鈎爪で引き裂くとされる。ヴォーパルの剣で討たれた。


関連項目

原作でジャバウォックと関係あるもの



リンク