ヴォーパルの剣(Fate > EXTRA)

作品名:Fate/EXTRA
使用者:岸波 白野(Fate/EXTRAの主人公)

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する武器。
理性のない怪物に対して有効な概念武装(ロジックカンサー)として登場する。
作中では永久機関・少女帝国(クイーンズ・グラスゲーム)で生成された怪物「ジャバウォック」にのみ有効な剣である。
キャスターによるとは呪具の分類で、練成者のラニにとっては魔術礼装、遠坂凛にとっては概念武装らしい。




武器についての詳細

理性のない怪物に対して有効

遠坂凛「ヴォーパルの剣?
    たしか……理性のない怪物に有効な
    概念武装……だったかしら。」
ジャバウォックの弱体化
  • ジャバウォックにのみ有効
ラニ「ヴォーパルの剣……
   師から聞いたことがあります。
   特定対象にのみ有効な魔術礼装——。」
  • ヴォーパルの剣を所持して近づくとジャバウォックの性能が大幅に弱体化する。
+漫画版では
ジャバウォックを弱体化させるにはヴォーパルの剣を刺す必要がある。


渦巻く魔力。
近づくと、より強くあの巨人の気配を感じる。

——と、その時、
手元のヴォーパルの剣から鋭い魔力が発散された。
敵のサーヴァントが苦しみだす。
・・・・・・あの凶悪な気配も急速にしぼんでいった。
  • 発動所要時間がかなり短い
    • 腕のいい錬金術師だったから?
アーチャー「……即効性にも程がある。
      アトラスの錬金術師の腕……
      やはり侮りがたいな。」

製造方法

  • マラカイトを使っての練成
ラニ「錬金の素材、たとえばマラカイトなどが
   あれば練成することも出来るでしょう。
   ですが——」


元ネタ

ヴォーパルの剣(Vorpal Sword
ルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』で記述された「ジャバウォックの詩」登場する武器。
怪物ジャバウォックを仕留めた剣。

マラカイト(Malachite
日本名は孔雀石。緑色の鉱石。
孔雀の羽の模様に似ていることが名前の由来であり、エジプトでは装飾品に使われていた。
石言葉は危険な愛情。


関連項目

ヴォ―パルの剣が有効な怪物。

関連タグ


リンク