天地乖離す開闢の星

エヌマ・エリシュ
作品名:Fateシリーズ
使用者:ギルガメッシュ

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する術技。
宝具のひとつであるが、正確には宝具が『乖離剣エア』であり、
その最大出力が『天地乖離す開闢の星』である。
乖離剣エアの最大出力から放たれる一撃。
斬撃による空間切断を行い、破壊された空間内部のものは全て破壊される
固有結界等の異界展開能力を異界ごと破壊することができる。
さらに乖離剣から発生した暴風を利用して一時的に地球誕生時の地獄を再現する




術技についての詳細

基本性能

宝具のランク EX、A++
種別 対界宝具
レンジ 1~99
最大捕捉 1000人
宝具による効果 風圧による空間断層の一撃

乖離剣エアの最大出力

「“天地乖離す開闢の星”———!」

空間に断層が走る。
目を潰す閃光、耳を覆う暴風を伴って、エアの作り出す破壊の渦が放たれる。

空間切断

  • 一撃は空間に断層を作る
対粛清ACか同レベルのダメージによる相殺でなければ防げない。

対界宝具

  • 現実を塗り変える結界を丸ごと破壊できる
    • 固有結界に限らず破壊した空間に存在していたものを有形・無形限らず無に返す。
英雄王の執る乖離剣。その一撃が穿ったのは大地のみならず、天にまで及ぶ空間そのも
のだ。その攻撃は、もはや命中の是非、威力の多寡を語るものですらなかった。

時空断層の生成

  • 局所的かつ一時的に時空跳躍を行う
    • 乖離剣エアが記憶している惑星誕生時の環境を再現する。
主人の命に従い、乖離剣が軋みをあげる。
これこそあらゆる死の国の原典、生命の記憶の原初。
カレ等が地獄を謳うのなら、ソレは地獄を作り上げる。
  • 時空断層が生じて地獄へと通じる奈落の穴を作る
    • 落ちたら無へと変える。
「黄泉路を開く。存分に謳え亡者ども。(以下省略)
暴風の中心は無風などではなく、紛れもない奈落の穴。
この領域に踏み込んだ骸たちは、落下するようにもと在た無へと戻っていく。

+原初の地獄について
  • 星が誕生した時の地獄の再現
    • 生命体が遺伝子レベルで記憶している獄環境。
    • ジャイアント・インパクトが発生する前の星の再現と思われる。(下記リンク参照)
天地が開闢する以前。この大地は溶岩とガス、灼熱と極寒が入り乱れる地獄であった。
その苛烈さは語り継がれる記憶にあらずとも、目に見えぬ遺伝子に刻まれている。

……そう。
地獄とは、このおおらかな星があらゆる生命を許さなかった、原初の姿そのものだと———!

その他特性

  • 王の財宝との連携
    • 宝物庫に貯蔵されている財宝のバックアップにより威力を上げる。
“王の財宝”内の宝具によるバックアップを受けれ
ば、その威力はさらに上昇する。


元ネタ

エヌマ・エリシュ(Enûma Eliš
バビロニア神話の創世叙事詩エヌマエリシュ。


関連項目

天地乖離す開闢の星の発動に必要な武器

同じ読みの宝具。ギルガメッシュの友の宝具。

関連タグ


リンク