《機怪》デフェクシオン

作品名:スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)
所有者:ヒルド・ロメ・ダルク

《許されざる呪詛の眼光》は別途で説明します。
白光のヴァルーシアに登場する武器。
ヒルド・ロメ・ダルクの搭乗する《機怪》
巨大で異形な姿をしており、 索敵能力、暗示迷彩による隠形能力を持つ機械仕掛けの巨人
能力として《許されざる呪詛の眼光》を持つ。




詳細

基本性能

宿主 ヒルド・ロメ・ダルク
サイズ 3m~30m以上(可変)
能力 巨大、装甲、高速機動
守護(宿主を守る)
《許されざる呪詛の眼光》
索敵範囲 ヴァルーシア都市全体

+30メートル以上のサイズの描写
それは天へと届く巨体。
それは、空さえ覆う巨体。
水市居住区をすべて覆い尽くすほどの影。

形容

  • 紫黒の巨人
  • しかし人型ではない
紫黒の巨人が在った。
しかし、それを人型と呼ぶ者などいない。
  • 上半身は人間の骨格の形をしている
  • 異様に長い、多関節の腕が在る
  • 下半身はスカートのように広がっている。
  • 下半身は巨大な歯車と檻のような形をしている。
ひとよ、異形を見るがいい。
その上体は骨格と成り果てた人型の如く、
その上体はあまりに長い“両腕”の異形
ひとよ、異形を見るがいい。
その下肢は異邦の少女人形が如く広がり、、
その下肢は巨大な歯車と檻とで成る異形
複数の関節を有する“両腕”は揺らぐ。
  • 赫い眼を持つ
  • 耳障りな金属音を出している。
歪んだ“両腕”と、
異様な“赫眼”が、
(中略)
———かちり、かちり、と———
———耳障りな金属音が———

隠形能力

暗示迷彩による隠形
  • 上記のとおり都市の空を覆うほどの大きさだが誰一人としてみることができない
誰の瞳にも映らない。
それは、確かに都市へ顕れているのに。

(中略)

誰も、この異形を目にしない。
誰も、この異形に気付かない。
何故なら、これは姿を隠しているからだ。

(中略)

暗示迷彩成る奇怪な数式を纏う故に、
誰の目にも見えはしない。
誰の瞳にも映りはしない。
誰もそれを目にしない。

索敵能力

破格の索敵能力を持つ
  • 先端技術を含めたほぼすべての技に対しても有効な防諜対策に対しても有効。
  • ヴァルーシアの都市全域を掌握する
ヒルドは第2の“体”を操って、
ヒルドは第2の“腕”を操って、
都市全域のすべてへと索敵の網を放つ。
(中略)
都市のすべてを網羅する。
都市のすべてを把握する。
いとも容易く———
見渡すのだ———
見渡すだけで———
忌まわしき“彼”を見つける。
遠く愛しき“彼”を認識する。
異邦の先端機関技術を含めたほぼすべての
ひとの文明、ひとのわざに対して、
完全な防諜対策が施された“彼”の所在。
  • 不可視の索敵
    • 一般人には風が吹いた程度にしか認識できない
言葉に応えて大気が揺れる。
誰もが、ただの風であると認識するだけ。

《許されざる呪詛の眼光》


元ネタ

デフェクシオン(défection)
フランス語で「脱却」、「離脱」、「背信」を意味する語


関連項目

デフェクシオンの能力。

機械卿の持つ《機怪》

関連タグ


リンク