クリッター・アントライオン

作品名:紫影のソナーニル
使用者:A

スチームパンクシリーズ(Liar-Soft)に登場する使い魔。
Aの使うクリッターのひとつ。
粉砕の概念を司る牙を持つ鋼鉄の獣
例え《御使い》だろう粉砕する。
クリッターなので基本性能である恐慌と物理無効の能力を持つ。

+召喚時詠唱
——さあ、来い

女王の言葉を借りて

来たれ、我が影、我がかたち

凶暴なる獣の吐息――

俊敏なる獣の脚――

そして、粉砕するくろがねの牙

我が声に応えて出でよ、我がかたち

獰猛なる鋼の猛獣 クリッター・アントライオン





存在についての詳細

形容

  • 20フィートの鋼鉄のクモ
    • 八本の長い脚の先には鉤爪がある。
    • 口しかない頭部には四本の巨大な牙を持つ。
    • オモチャのゼンマイ捻子が突き刺さっている。
 鋼鉄で構成されている。
 全体的にはクモ型。長い八本の脚と、巨大な牙を持つ頭部。
 頭部はあるが、口しかなく、鼻や目、複眼などは存在しない。
 体にゼンマイ捻子が突き刺さっている。

基本性能

  • 物理無効
  • 恐慌
  • 粉砕

万象粉砕

  • 無形のものすら破壊可能な粉砕の牙
    • 現象数式体の持つ物理無効すら貫通する。
第四の《御使い》を殺して見せた。
影で構成された、実体なき衰弱を鮮やかに。
無形のものさえ貫き粉砕する、
無敵の、異形の刃が4本もあるのだから。


使用者との関連性

アラン・エイクリィの玩具

  • エリシア・ウェントワースからの贈り物
    • アントライオンは仔猫の置物が元となっている。
      • 仔猫の置物からライオンは想起できるが、顕現したクリッターはクモになっている(元ネタ参照)
──わたしからの贈り物。
──不安で、不安で堪らないまま渡すの。
──金属の人形。
──仔猫の置物。
──そして、案山子の面。


元ネタ

アントライオン(Antlion
ヨーロッパの幻獣ミルメコレオ(Myrmecoleo)のこと。
ライオンの頭部に、蟻の体を持つとされる。
またライオンのようにアリを捕食する生き物であるアリジゴクの別名とされる。

オズと魔法使い
主人公のドロシーと旅するライオンは最後に戦うのは獰猛な巨大蜘蛛。


関連項目

クリッター・アントライオンの種族分類。

リリィ・ザ・ストレンジャーが黄金化したアントライオンの斧を振るうことができる能力形態。

関連タグ


リンク