巨大蒸気機関アングルボダ

作品名:Fateシリーズ
使用者:マキリ・ゾォルケン

奈須きのこ作品Fateシリーズに登場する道具。
聖杯を動力源に魔霧を生成する蒸気機関




道具についての詳細

聖杯を核に動く蒸気機関

  • 聖杯を動力源に動くチャールズ・バベッジ製蒸気機関
    • 霧そのものに魔力を結びつけ、人を昏倒させるなどの性質をつけた。


魔霧について

魔力の霧

  • 異常量の魔力を含んだ霧
    • 常人が吸い込めば生命に関わるほど有毒。
いいや、ただの霧や煙ではないようだ。
こちらでは異常な魔力反応として検出されている。

(中略)

霧が薄い場所ならなんとか、
マスクで覆ったりすれば死ぬことはないだろう。
でも濃い場所は駄目だ。吸い込んだだけで通常の生物は魔力に侵されてしまう。
素質や体質によるだろうけど、
ひどければ、一時間もすれば死んでしまう。
  • 屋内には入り込まない
    • 籠城すれば生きていられるが、生活物資を失って死んでいく未来しかない。
魔霧は屋内には入り込まない性質がある、が、
水や食料がなくなれば、ロンドンは全滅だ。

英霊召喚

  • マスターも儀式もなしにサーヴァントが召喚される
    • 核に聖杯が組み込まれた影響と思われる。
    • 召喚されたサーヴァントはマスターなしに現界し続けられる。
話す機会ががなかったが、
俺もナーサリー・ライムも共に魔霧から現界した。
マスターの存在もなく、
召喚の手順も踏まれずに、だ。

(中略)

霧は聖杯が生み出している。
もしくは、霧を生み出す何かが聖杯の影響下にある。

認識阻害

  • 感知・観測能力を狂わせる
    • 感知系感覚や観測を歪ませる。
もしかして、サーヴァントか?
くそ。オレの勘も霧のせいでうまく働かん!


元ネタ

アングルボダ(古ノルド:Angrboða
北欧神話に登場する女の巨人。
悪神ロキとの間にフェンリル、ヨルムンガンド、ヘルを生んだ。


関連項目


関連タグ


リンク