モルフェウス(剣の女王と烙印の仔)

作品名:剣の女王と烙印の仔
使用者:ティベリウス・ネロス、ガレリウス・ネロス、クリストフォロ
別呼称:幻惑の神

剣の女王と烙印の仔に登場する能力。
刻印の一つ。
他者に自分の意識をコピー&ペーストして肉体を乗っ取る




能力についての詳細

自意識のコピー・ペースト

  • 他者に自意識を植え付けて人格を乗っ取る
    • 乗っ取られた者にもモルフェウスの刻印が顕れる。
 他者の肉体に、自らの意識を植え付け、乗っ取る。
 乗り移るのではない。殖えていくのだ。乗っ取った者にもまた刻印が顕れ、他者の肉体
を奪う力を有するようになる。
  • 元の人格が失われるわけではない
    • モルフェウスで他者に意識を植え付けている間、肉体の支配権は元の人格に戻る。
    • 元の人格に戻っても乗っ取られていた間の事は覚えている。
 モルフェウスの力は、肉体だけを奪う。その肉体の本来の持ち主の魂は、支配権を失い
意識の片隅に押しやられ、王太伯ティベリウスの魂と同居することになる。肉体を乗っ取
られている間、ジュリオは自分の身体が触れ、あるいは見聞きしたことをすべて知ってい
るのだ。

欠点

  • 精神防壁が厚いと通じない
    • 精神防御系であればこの能力は防がれる。
「ふん。たしかにな。そなたの刻印、心を見透かす力は、我がモルフェウスに唯一足りぬ
点よ。そなたの精神の城壁が厚すぎるがゆえに、奪えたためしはなかったが」


使用者との関連性

ガレリウス・ネロスの場合

  • 人格をコピーして既に持っていたため人格を乗っ取られなかった
    • このためモルフェウスの能力のみを掠め取った。
「おわかりにならぬか? 私の中にはすでに兄上の記憶と思考があった。私の意識はとう
に兄上と同居していたのだ。今さら兄上の魂が植え付けられたところで手綱は渡さぬ」


元ネタ

モルフェウス(古ギリシャ:Μορφεύς、英:Morpheus
ギリシャ神話に登場する神。モルヒネの語源になった。
名前は「形作るもの」という意味で、夢を司る。
眠りの神ヒュプノスの子。薄暗い洞窟に住まい、ケシの花に囲まれた黒檀の寝台で眠る。
モルペウス、ポベートール、パンタソスの夢神三兄弟のうち、人間にイメージや発想を与える夢を見せるという。


関連項目

モルフェウスの能力分類。

関連タグ


リンク