リジル

作品名:北欧伝承
使用者:シグルズ・シグムンダルソン、レギン
別表記:Reðill

北欧伝承に登場する武器。
ファヴニールの心臓を切り取った刃。
『ヴォルスンガ・サガ』ではシグルズが、『ファーヴニルの歌』ではレギンが使ったとされる。




武器についての詳細

龍の心臓を抉った刃

  • 龍の心臓を切り取って炙った
    • 刺した心臓から泡立った龍血を舐めたことで動物との会話が可能になった。
    • 伝承に登場するのはこの部分のみ。
 シグルズはいって、串の上で焼いた。心臓からあわが出てきたとき、シグルズは指でさわって、焼け
ているか調べてみた。その指を口に突っこんだ。そして龍の心臓の血が舌に触れたとき、彼は鳥のこと
ばが解った。シグルズは、自分のそばの灌木林でしじゅうからたちが囀っているのを聞いた。



関連項目


関連タグ


リンク