南朝鮮当局を糾弾する


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朝鮮(チョソン)の政治 | 朝鮮の標章 | 朝鮮の軍事 | 共和国の歴史 | 朝鮮の文化 | サイトマップ | 外部リンク


南朝鮮当局を糾弾する

南朝鮮は、わが共和国の南側の地域一帯をさす。ここに我が国の主権がおよぶことは明らかである。朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法にも、朝鮮半島全体が朝鮮民主主義人民共和国の領土であると記載されており、南朝鮮が我が国の領土であるということは明白な事実である。
しかし、今、南朝鮮には、米帝の傀儡「政権」が屯している。
奴らは、何かにつけて、我が国の崇高な社会主義体制を批判してくる反民族的な集団である。
例を挙げるとすれば、我が国の核実験・自衛目的の核保有や、民族の祝いごとである太陽節・光明星節、さらには平和目的の核実験さえも批判する、同族対決に狂った奴らである。
また、南朝鮮人民に対しても、悪法「保安法」で縛りつけ、社会主義勢力・革新勢力、ひいては進歩勢力までをも弾圧する極右勢力であり、朝鮮半島の悪性腫瘍である。
われわれは、この悪性腫瘍を一日でも早く粉砕し、全朝鮮民族の願いである祖国統一を一日でも早く達成しなければならない。

「強盛大国」トップへ戻る