トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イギリス東インド会社(イギリスひがしインドがいしゃ、英: English East India Company)は、アジアとの貿易を目的に設立されたイギリスの特許会社である。17世紀から19世紀半ばにかけてアジア貿易の独占権を認められ、各地の植民や交易に従事した。初期には東インド(インドネシア)での香辛料貿易参入をめざしてジャワ島のバンテンやインドのスラトに拠点を置き、マレー半島のパタニ王国やタイのアユタヤ、日本の平戸、台湾の安平にも商館を設けたが、スペイン、オランダ、イギリスの3国間のアジアの海域の覇権をめぐる争いにおいてはオランダと友好関係を保つ事を重視した。その後、インドに注力するようになった。1639年には、マドラスの領主に招聘される形で、要塞の建設が開始された。また、サファヴィー朝のシャー・アッバース1世にも使節を派遣し、その結果、当時、ポルトガルの活動拠点であったホルムズ島はサファヴィー朝の支配下に入った。

 

風俗大好き!