小売業の類型


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

★地場卸:
産地卸。たとえば伝統工芸品を扱い、商品の物的保有から代金決済にいたるまでの流通機能に関与する卸売業

現金持ち帰り卸売業(キャッシュ&キャリー):
中小小売業者や業務用需要者を対象にして、配送や信用供与を行わないかわりに低価格販売を行う卸売業

★ドロップシッパー:
商品を車に積み、一定のユーザーを巡回して注文を取り、商品と引換で代金を決済する卸売業者

★ラックジョバー:
小売店の一部の売り場をまるごと管理し、手数料を受け取る業者

★信用供与:
他人を信用して、自己の資金や商品などを一時的に利用させることをいう 。

★中小企業:
資本金5000万円以下、従業員50人以下の企業

★FSP(フリークエントショッパーズプログラム):
固定客を繋ぎとめるため、優遇制度を作り、
ロイヤルティを高める制度

★GMS (General Marchandise Store):
=総合スーパー
GMとは、家庭で使用や消費をされる非食品の中で、車を除いたもの

★外商:
百貨店での上得意客を対象とした訪問販売

★ブローカー:
特定のメーカーと専属契約を結び、
販売エリア内の小売業に対して商品提案する卸売業者

★販売会社(販社):
製造業者が、自社ならびに系列会社の製品を販売するために設立した会社。販社

★代理店:
取引の代理をする者のこと。メーカーや仕入先と直接代理契約を結び、一定範囲の権利や業務を受ける。
売買契約はメーカーと顧客の間にあり、代理店はメーカーから手数料を取るかたちで、利益を得る。

★モータリゼーション:
車社会が進展すること

★ドミナント展開:
継続的かつ集中的に店舗を出店して、
その地域内で絶対的な知名度を得る出店方法

★アソートメント機能:
販売先の小売店などが望む質や量の商品を選んで、仕入れる事

★リスク分散機能:
代金未回収などの損害に対処する事

★リテールサポート機能:
中小企業の小売店に対して総合的に支援する事

★セントラルバイング
スーパーマーケットなどが本部で一括して仕入れる方式。
仕入原価の低減に繋がる。

☆スーパーセンター
スーパーマーケット+ディスカウントストア(非食品)
平屋建て。EDLP。5万人の小商圏。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|