池沼唯の自己紹介(その5)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 池沼唯の自己紹介(その5)

そんな会話をしている間も、男子Dは池沼唯を構って遊んでいた。

男子A「あいつも良く池沼の相手しているなあ…」
男子C「ああ。なんか池沼ちゃんがご機嫌になっているし、ここはいっちょ驚かしてやるか!」

と言って、男子Cは公園の噴水に行く。
そこで、端っこにまだ解け切れていない氷を見つける。

男子C(よし!これだ!!)

男子Cは噴水の脇から氷を取って来て、唯の背後からそっと近づき、その氷を唯の背中に諸につけた!

男子C「唯ちゃーん!元気かな?」
唯 「×○×!?、うぎゃぁぁーーーー!!」

突然冷たい氷を背中に押し付けたらので、唯は驚きと冷たさに大きな悲鳴を上げた。

男子達「ワッハハハ……、いつもの池沼だw」
男子C「やはり、池沼はこうじゃなくっちゃね」

冷たい氷を背中に押し付けられた唯は、完全に気が動転した。

唯「むひぃぃーー!むひぃぃーー!う゛ーう゛ー ("p")」
 「あう~~あう~~」

それは、いつもの狂った唯の姿だった。

唯は氷のショックのあまりバランスを崩して、その場に倒れこんでしまった。

唯「あう~あう~!!」
 「あ゛ーあ゛ー、うぎゃぁーーー!!

物凄い叫び声を上げたため、公園に居た他の子達は「また池沼が騒ぎ出した!」と警戒して逃げていった。

誰も唯を助けようとなどしなかった。
それは、他の子も少なからず唯の池沼な行動のせいで、嫌な思いをしていたからだ。

男子B「あ~あ、みんな逃げちゃったよw」
男子A「哀れな池沼ちゃんだなw」
男子D「いや、これは俺達にとってむしろ好都合だ!」

そう言っている前で、唯は地面に横になって氷のショックでもんどり打っている。
確かにその瞬間はびっくりするだろうが、倒れてもんどり打つほどのショックではない。
男子たちは、唯の演技がオーバーなのに段々ムカついてきた。

男子D「なんか、こいつのリアクションがオーバーだな!
   むしろ、まだリアクションをオーバーにするだけの余裕があるということだぞ!」男子C「なるほど、本当に苦しい時はこんなリアクションは取れないな」
  「よし、ここはどこまでこの池沼が耐えられるか、徹底的にやってやろう!」

と言って、男子Cはまた氷を取りに噴水へ向かった。

一方、男子Dは目の前に横になって騒いでいる唯を思い切り蹴飛ばした!

唯「んひぃーーー!!」

池沼独特の叫び声を上げて、さらにもんどりうった。
唯は裸で土の上を横になっていたから、体中が土埃にまみれ、体中に擦りむいた傷が出来ている。一部では、そのすりむいた所から、血が出ている。

それが更に痛みに追い討ちを掛けているのだろう…
しかし、「自分が動くと擦りむいて余計に痛みが増してしまう」ということも池沼の唯には気付かない。

男子B「バカだねーこいつ。動けば動くほど、すり傷が増えて痛いのに…」
男子D「なあに、池沼にとっちゃこんなの傷の打ちに入らないよw」
  「落ちている菓子や空き缶を舐めているんだから、体の中は雑菌だらけだろw」
男子A「そうか、だからこいつ直ぐゲロを吐くんだな!」

男子D「もう一発吐かせてみせるか!」
男子A「いや、ゲロはこっちが勘弁だよ」

男子D「もっとも、この寒い中ずっと裸で居るから、風邪引いてゲロを吐くかもしれないがなw」
  「あ…バカだから風邪を引かないか!」
  「ん?こいつはバカを通り越して、完全な池沼だから、もしかして風邪を引くのかもなw」

男子A「そう言えば、こいつが裸だったことすっかり忘れていたw
   やはり、豚の格好が似合っているんだな。全然違和感がないしw」
男子B「しかし、寒いならもっととっくに気付くと思うんだけど、たかが氷一つでこんなに大騒ぎするとは、やはり演技だよ!」
男子D「そうだよな!演技するということは、まだ余裕があるということだ。」
男子B「しかも、俺達の前で演技するということは、俺達を騙してやろうという魂胆だ!」
男子D「くそー!!池沼の癖して生意気だ!許せねえ!」
  「ここはもっとあつ~いお灸をすえてやらないと!」
男子B「そうだね。このまま奴の思い通りにさせては、次回の時もまたこいつに邪魔される!」
男子D「そうだよな!たっぷりしばいてやって、しばらく恐怖感を植えつけて、ここに近づかせないようにしよう!」

男子D「よし、そうと決まれば、徹底的にやってやるぞ!」
男子A「おい程々にしとけよ! って言っても、この池沼もすぐ泣く癖に、ちょっとのことでは懲りないからなw」
  「どうせ、やられた事の半分以上は忘れちまうんだから、うんと強力なのを見舞ってやらないとな!」

こうして、唯の演技が、男子達の心に火を付けた!

そう話あっている間に、男子Cが噴水のある池からもう少し大きめの氷を持ってきた。

男子C「(なんだよ、池沼ちゃんまだもがいているのかよw そんな余裕もこれで終わりだな)」

そう思ってニヤニヤしながら、唯が地面で悶えているそばに来て、どうやればより効果的なダメージが与えられるか見ている。

男子D「おい、どうした?早くやっちゃえよ!」
男子C「うん、どうやれば効果的かちょっと見ているんだけど、名案が浮かばない…」
男子D「いいよ、どうせこいつはくたばらないから、もう一度背中に押し付けちゃえよ!」
男子C「ああ、分かった」

と言って、男子Cは腰を屈めて、唯の背中に再び氷をくっ付けた。

唯「あう~~ (`p`)」

唯は一瞬、マヌケな悲鳴を上げたが、先ほどからずっと悶えているせいか、上手く氷をくっつけることができず、あまり効果が無かった。

男子C「くそったれが!折角冷たい思いをして持ってきた氷なのに…」
  「こいつは、水をぶっかけた方が手っ取り早いな」
男子B「ホースでもあれば、水道から直接こいつに水をぶっかけられるのに…」

しかし、あいにくホースもバケツも見当たらない。

男子C「しょうがねえなぁ…逆に池に放り込ませちゃうか?」
男子D「おいおい、大胆だな」
  「でも、やっちまうか?」

男子A「それは最後の手段にして、それまでは徐々に痛めつけた方がいい」
男子D「おいおい、かなり乗り気だなw」

少々面倒臭がっていた男子Aも、池沼唯を痛めつけることに段々興味を示してきた。

==(その6)へつづく==