池沼唯の自己紹介(その3)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 池沼唯の自己紹介(その3)

唯の興奮が収まってきたところで、男子Dは唯に話かけた。

男子D「ねえ!唯ちゃん!鼻が豚みたいだよ!」
唯「あう?ぶた?」
男子D「そう!ブーブーの豚さんだよ」

そういうと、唯は思いがけない反応をした。

唯「はーい!ゆいはぶたさんになります! (^p^)」

そう言って、唯は体をかがめて、四つんばいになって、豚の真似を始めた!

唯「ブーブー!ゆいはぶたさんだよ! (^p^)」

予想外の行動に、男子達はまたも大爆笑!

男子C「こりゃ、ホントの池沼だなw」
男子D「ワハハ、いや!むしろ、天才だよ!いいセンスしてるじゃん」
男子A「こりゃー酷い!」

男子の笑いの中で、唯は得意げに豚の真似をする。
デブった体に豚鼻で、体全体が豚そのものだ。

でも何かが違う…


男子D「うーん!服を脱げばもっと豚らしくなるぞ!」
男子B「おい!マジかよ?」
男子D「大丈夫、こいつは今有頂天になっているから、おだてたら何でもやるぜ」

そう言って、男子Dは再び唯に話掛ける。

男子D「ねえ、唯ちゃん!豚さんは洋服は着ていないよ!」
唯 「ブヒー?」
男子D「豚さんは洋服着ていないよ。だから、唯ちゃんも服脱がなきゃ!」
唯 「あうー?ゆい、ふくぬぐの?」
男子D「そう!そうすればもっと豚さんらしくなるよ!」
  「それに唯ちゃんの服汚いよ!」

唯は自分の服を見る。
先ほど吐いたゲロの跡やよだれの跡などで前は確かに汚い。

唯「きたない!きたない!」
男子D「そうだね!唯ちゃん汚いよ!早く脱がないと」
唯「う゛ー!う゛ー!」

そう言って唯はゲロで汚れた上着を脱ぎだした!

男子A「おい!マジかよ?」
男子D「単純だね~」

唯は胸に「ロマンス ♥」と書かれている、いかにも安物というトレーナーの上下を着ていた。
しかし、この真冬にも拘わらず、トレーナーを脱いだらその下は裸であった。
デブのため、トレーナー一枚でも寒くないのだろう。
実際、唯は既に汗をかいていたから、服を脱ぐことに全く抵抗が無かった。

もちろん、唯に羞恥心などあるわけが無い。
一応ブラジャーをしているが、デブだから、乳もでかいが、それ以上に腹の贅肉の方が大きい。

しかし、豚には見事な太りっぷりである。


唯「ブーブー!ゆいはぶたさんです!(^oo^)」

               -―――‐-
              . :´==/: : : : : \: : :\
               / /: :/{: :{: : : : : :ヽ: : ::',
  ブヒー      /: :{=/\{: : |\}X: : : '.: : ::}
             {: :人{ 、 \| 、 ヽ: j: : : :i
    ブヒー    |/: :ハ ○    ○ ∧/ ト: : |  
            |: :j: Y xx(O O)xx{:/ : |ノ: :|
     _____{八: ゝ_  {ヽ  /: : :.:|: ;} }
  | (        \{\{ >ァr‐七{: : /リ:/|/
 ○ (                  )
  └(                   )
   (                   )
    │ |J ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   | ̄ ̄|   |
    しJ         ∪∪   し∪



唯は上のトレーナーを脱いで、上半身裸になった。

男子C「うわ~、頭も残念だけど、体も残念だな…」
男子A「まさか脱ぐとは…」
男子D「おお!見事な豚じゃないか!」

男子D「唯ちゃん!豚さんにそっくりだよ!すごいね!」

唯「わーい!ゆいはぶたさんです!ブーブー! (^oo^)」

男子D「凄い凄い!ゆいちゃん、じょーずだよ!」
  「でも、ズボンを脱ぐと、もっと豚さんらしくなるよ!」
  「ぶたさんはズボンなんか履いていないよね?」

唯「あーう?」

と言って唯はズボンを指す。

男子D「そうそう!」

男子A「おい!やめとけよー」
男子D「いいから!こいつはもっと凄いことをやらかしているだから、この位平気だよ」
  「しかも、こいつオムツしているから、心配ないさw」
男子C「マジで?」

そう言いあっている間に唯は、言われるがままにズボンを脱いだ。

いつもなら言葉がなかなか理解できず、時間が掛かるのだが、豚の格好を褒められたこともあり、唯自身も豚になり切っているから、意外にも意味が通じてしまう。
それは、他でも無い唯自身が裸になりたがっているからだろう。

そして、脱いだズボンをそのまま放り投げて、裸にオムツ一枚の格好で四つん這いになり

唯「はーい!ゆいはぶたさんでーす! (^oo^)」

ともう本気になっている!

男子Dも調子に乗って、「あれ?唯ちゃん、豚さんにそっくりだよ!」というから、
唯はもう興奮して、ブーブーとはしゃぐ。

そのやり取りを見て、男子達は皆大笑い。
なんだかんだ言って、こんな格好を見せられたら、誰だって笑ってしまう。

ここまで来ると、体を張った一つの芸だw

男子達「ワハハハ…、見事な豚だwww」

男子D「すげー、ここまで、そっくりになるとは思わなかったw」
男子B「人間で池沼扱いされるよりも、豚として生活した方が案外幸せかもねw」
男子A「ハハハ……、どうしてくれるんだよ!笑いが止まらないじゃないか!」


男子達はみな唯のあまりのも見事なブタっぷりに、大爆笑!

しかし、当事者の唯は笑われているのが分からず、相変わらず褒められているんだと錯覚している。
いや、錯覚ではない、唯は本当にそう思っているんだ!

そして、唯自身が一番喜んでいるのである!

唯「ブーブー!ゆい、ぶたさんだよー!ブーブー! (^oo^)」

男子D「わー、ゆいちゃん!じょーずだねーw」

唯「じょーず♪じょーず♪ (^po^)」

バカだ!完全にバカだ!
改めて言うことでは無いだろうが、しかし、唯の知能の低さに改めて驚かされた!

確かに、残念な子、残念な18歳である。

==(その4)へつづく==