池沼唯のぎょう虫検査


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

通知


憂「お姉ちゃん、ただいまー」
唯「うーい♪うーい♪(^q^)」

唯は憂が学校から帰ってきて物凄く嬉しそうだ。いつものことなのに…


唯は中学を卒業後、養護学校に通っているので、通常の高校に通う憂よりは早く帰宅することが多い。

最初は養護学校に行くのを嫌がっていてが、それは中学までの友達(と言っても、唯が一方的にそう思っているだけだが)と全く別の学校だったためだ。
しかし、最近は養護学校にも慣れたことと、自分と同じような子が沢山いるので、なんとなく居心地の良さを覚えてきたため、学校が楽しく感じるようになった。
やはり、池沼は池沼同士で集まる方が良い。

普通の中学に特殊学級扱いでいた頃は、良く虐められていたし、問題も起こしていた。
しかし、専門の養護学校では池沼揃いなので、虐められることも問題を起こすことも少なくなった。
もっとも、それは養護学校の先生のお陰でもあるが…


何れにせよ、憂は唯が養護学校に楽しく行くようになり、嬉しく思い、同時に安堵している。
と言っても、池沼であることには変わりは無いので、根本的な問題は何一つ解決できていないのだが…


憂「お姉ちゃん、学校はどうだった?」
唯「たのしーたのしー (^q^)」
憂「今日は何をやったの?」
唯「うんたん♪ (^q^)/」
憂「へ~、お姉ちゃん、うんたん上手だよね」
唯「じょうずー♪じょうずー♪(^q^)」

唯「あ…」
憂「どうしたの?」
唯「てがみー」
憂「あー、養護学校からの手紙ね。何だろう?」

いつもの手紙とは違い、少し形式ばった表書きにちょっと不安を感じた。

憂「保健所!?えっ!!」
唯「あうー?(゚q゚)」
憂「ぎょうちゅう!?」
唯「ぎょーちゅー♪ぎょーちゅー♪ (^q^)/」

憂「あのねーお姉ちゃん!ぎょう虫検査に引っ掛かったのよ!」
 「喜ぶことじゃないの!!」

と言った所で、唯には全く通じない。

唯「ぎょーちゅー♪ぎょーちゅー♪ (^q^)/」

どうやら「ぎょうちゅう」という音の響きが気に入ったようだ。
しかし、唯がぎょう虫検査に引っ掛かったのはこれが初めてでない。

実は、唯は床や落ちた物など何でも舐めたりするから、しょっちゅうぎょう虫検査に引っ掛かっている。というより、検査があれば必ず引っ掛かっていた。
それなのに、今になって「ぎょうちゅう!」と喜んでいる姉を見て、憂はホトホト情けなく思う。

憂「お姉ちゃん!いい加減にしないと怒るわよ!」
 「ぎょう虫は悪い虫よ!お姉ちゃんの体の中には悪い虫が沢山いるの!」
唯「あーう?」

しかし、残念ながら、憂の言うことに唯には理解できない。
まあ、病院に連れて行けば思い出し、観念するだろう…


 



翌朝

唯「うーい!がっこー♪がっこー♪ (^q^)」
憂「何言っているのよ!今日は病院に行くのよ!」
 「だから、学校はお休み!」
唯「やだー!がっこーいきたい!! (`q&ecute;)」
憂「ぎょう虫を持った汚い子は、学校に行かれないの」
 「早く、ぎょう虫を退治してきれいにしないと学校には行かれないわよ」
唯「あ~う ('q')」

憂「全く、私だって姉ちゃんのオムツを取り替えているから、ぎょう虫が移っているかもしれないし…」
 「あ~あ、情け無い。毎年これの繰り返しだもんな~。少しは成長しろよ!池沼さんが!」

憂は独り言で間抜けな姉を愚痴っていた。もちろん、唯にはその言葉が全然理解できない。

唯「う゛ーう゛ー!」

唯がしびれを切らして喋りだす。
と言っても、唸っているだけだがw

憂「お姉ちゃん、お尻痒くない?ムズムズしない?」
唯「するー♪むずむずするー♪ (^q^)/」
憂(全く…喜ぶ所じゃなのに…、やっぱり、本物の池沼だわ)

憂は情けなくなり、付き合いきれないと投げ出したい気持ちだが、放っておけば自分にも感染してしまうため、気を振り絞って医者に行くことにした。

憂「お姉ちゃん、ムズムズを治しに病院へ行くわよ」
唯「あーう♪ (^q^)/」

二人はいつも行く病院に出かけた。

2人が歩いている途中にアイスの空き袋が落ちていた。普通の人は何気なく通るが、唯にはそれが出来ない。

唯「あー!あいすー! (^q^)/」
憂「えっ!」

唯が突然道の反対側の方へ走っていたので、憂はびっくりして言葉を失った。
その瞬間、唯は落ちていたアイスの空き袋を拾って、その袋を舐め始めた。

唯「あ~い~す~♪ (^ε^)」ベロベロ

唯はご満悦だが、憂はゴミを拾って舐める行為を見てぶち切れた!

憂「何やってんのよ!」
 バチーーーン!!

憂は唯の頭を殴った!

これじゃあ、ぎょう虫になるのも頷ける。
しかし、池沼とはタイミングの悪い時に、最悪の行動をするものだ。これから自分のぎょう虫を取り除くために病院へ行くというのに、落ちているゴミを舐めているようじゃあ、なんの為にに病院に行くのか分からない。

しかし、唯はそんなことより、憂にぶたれたことしか理解できない。
何故ぶたれたのかが、分からないのである。

唯「うーい!またぶった!」
 「うーい!ぶたない! ("q")」
憂「何言っているのよ!お姉ちゃんが落ちた物舐めたのが悪いじゃない!」
 「こんなのじゃ、ぎょう虫退治しても意味無いわね!」
憂「もういいわ!お姉ちゃんがその気なら、病院に行くのは止め!帰りましょう」

憂は怒鳴りつけるように、唯に言い放った。
流石の唯も、自分が悪くて憂に怒られていると分かったので、とりあえず謝る。

唯「うーい!ゆいわるい!ゆいもうしない! ("q")」
憂「本当なの?悪いと思ったら、きちんと謝りなさい!」
唯「ごめんなたい! ('q')」

もちろん、こんな事で唯がきっぱりやめる筈も無いことは憂も重々承知だが、とりあえず騒がずに直ぐに謝ったことから、今回は許すことにする。
憂も、ここで家に帰っても、自分も姉のぎょう虫が移っているかと不安が取れないだけだし、何としてでも病院に行きたかった。

憂「分かったわ。とにかく、早く行きましょう」

こういう時、いつもの憂ならば唯の手を繋いで引っ張るように先を急ぐが、今回はぎょう虫に汚染された唯の手とあり、万が一に備えて、唯とはいっさい手を繋がない。


病院


憂「いい、お姉ちゃん!ここは病院だから絶対に騒いだりしちゃダメよ!」
 「もし、騒いだり、走りまわったりしたら、お姉ちゃんを引っぱたくからね!」
 「おりこうにしているのよ!分かった?」
唯「あーう!ゆい、おりこーする♪おりこーする♪ (^q^)」

憂はとりあえず唯に騒がないように、注意する。
無駄かもしれないが、とにかく注意し、叩くように脅かせば、少しは効果があるだろう。
叩いて怯えさせることで注意を守らせるとはもはや動物並みのレベルだが、そうでもしない限り池沼の唯には分からない。

憂「じゃあ行くわよ」
唯「あーう (^q^)/」

憂は目的の課の前に受け付けをして、待つ。

憂「平日の昼間というのに、結構混んでいるわね~」
 「お姉ちゃんが待ちくたびれて、騒ぎ出さなきゃいいんだけど…」

ああ、そんなことまで心配しなくてはいけない憂は哀れである。
一方の当事者である唯は、そんな憂の心配など分からない。とりあえず、今は大人しく憂のそばで座っているが…


唯「うーい!ちゅうしゃする?」
憂「あはは、お姉ちゃん注射が怖いの?」
唯「あーう! ('q')」
憂「どうかな~、とにかく騒いだらお仕置きするから、大人しくしなさい!」
唯「ゆい、ちゅうしゃやだー!("q")」
憂「もう一回言ったら殴るわよ!」
唯「うーい!ゆい、ちゅうしゃだいじょーぶ! ('q')」

これでは完全な脅しであるが、しかし、そうでもしないと唯を大人しく待たせることが出来ない。
それに、ぎょう虫の検査だと、場合によっては注射より痛いかもしれない。

20分くらい過ぎたところで、唯が少しじれ出した。

唯「うーい!まだー?」
憂「今日は混んでいる見たいだから、もう少し待ちなさい!」
 「いい!騒いだら注射より痛いからね!」

とにかく、唯を脅してでも大人しくさせる。

それからしばらくして…


 「平沢さん、平沢唯さん!診察室3番へお入り下さい。」

憂「あ、お姉ちゃん呼ばれたわよ!行きましょう」
唯「あーう! (^q^)/」


診察

 コンコン


憂「失礼します」
唯「しまーす(^q^)/」

医師「はい、よろしく。唯ちゃん、良く出来ましたねー」

唯「あ゛ーあ゛ー (^q^)」
憂「もう、何喜んで居るのよ!」

医師「こんにちは、今日はどうしました?
憂「実は、姉がまたぎょう虫検査に引っ掛かりまして…」
医師「う~ん、そうですか…」
 「で、憂さんの方はどうですか?」
憂「今の所患っていないと思うのですが、きちんと調べていないので是非一緒に…」
医師「はい分かりました」
 「唯ちゃんはまだ床とか舐めてしまいますか?」
憂「えぇ…何度注意してもダメで…」
医師「う~ん、やっぱりこういう子は中々難しいんですよねー」
 「脅かすようでは無いですが、ぎょう虫以外にも色々と感染していることが多いので…」
 「それに、常人より、体の機能、例えば消化機能とか抵抗力とかが劣っている場合が多いんですね」
憂「……」

医師「ぎょう虫よりも、むしろそちらの方が心配、というか問題がありますから…」
 「身体機能全体が常に危険と隣合わせであり、本人にその自覚が持てないのが一番の困難な所ですね」
憂「では…、姉はこのまま良くなる可能性は無いということですか?」
医師「100%無いとは言い切れませんが、その可能性は非常に大きいです。」
 「はっきり申し上げますと、このような方の寿命が短いことも、それが大きな要因となっています」
憂「お姉ちゃん……」

憂は姉・唯の体が良くならないこと、そしてなにより、その将来が決して長く無いということに、相当のショックを受けた。
もちろん、憂も何となくは分かっていたが、まだまだ遠い先の事だと思っていたが、実はそう遠くない将来であることを思い知らされた。

憂(もうお姉ちゃんはこのまま悪くなる一方なのか…)

しかし、当の本人は、看護婦さん相手に「キャッキャ、キャッキャ」とじゃれていて、いたって無邪気である。

憂「お姉ちゃん……」

憂は、無邪気な姉を見て、余計に現実が酷いことを思い知らされる。憂は絶望的な気分になった。

医師「お気の毒でしょうが、これは現代の医療の限界でもあり、どうしようも出来ない部分なのです」
  「それに、人間は必ず死にます。私はもちろん、憂さんだっていつかは必ず死にます」
  「確率的な話として、唯さんの方が早く死ぬ可能性が高いですけど、100%ではありません。長生きする可能性もありますし、実際、そういう事例もあります」

医師は取り合えず、落ち込んだ憂にフォローの言葉を掛ける。
しかし、現実は医師にはどうすることも出来ない。
憂もその点は、姉の日頃の面倒を見て何となく感じていた。

医師「とにかく、今日の所は検査して、念のため腸を洗浄してみましょう」
 「これで、ぎょう虫以外の回虫も大幅に除去できますから」
憂「そうですか。では、よろしくお願いします」

そう言って、唯の治療が始まった。


治療

※この続きが行方不明になっています…力不足で申し訳ありません…

 
   [[池沼唯 SS]] に戻る
   [[池沼唯 SS -ジャンル別リスト->池沼唯SS-ジャンル別]] に戻る

    (2010.03.08-)
-------------------------------
カウンター

今日: &counter(today)
昨日: &counter(yesterday)
合計: &counter(total)