池沼唯とは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 池沼唯(いけぬま・ゆい)とは、平沢唯の通称である。

 

本名:平沢唯(ひらさわ・ゆい)

 通称:池沼唯(いけぬま・ゆい)

性別:女

誕生日:19921127

年齢:21

 

先天的かつ後天的な重度の知的障害を持つ上に、根からの怠惰なため僅かな発達も出来ない残念な子。

IQ25

 

中学校までは地元の学校の特殊学級(通称:なかよし学級)に通っていた。

しかし、高校からは普通の高校には通えず、特殊学校(通称:なかよし学校)に通う。

 

なかよし学校すみれ組の3回生で20113月をもって卒業予定であったが、学習能力や生活態度が著しく劣るため、卒業不可となり留年する。

20114月から、再度3回生を繰り返す。

 

自分では何もできないため、身支度から食事までありとあらゆることを妹の憂に介護してもらう。

介護認定は要介護レベル5。

 

なお、両親は運び屋という噂があり、現在、子供を捨てて海外逃亡生活を送っている。音信不通。

 

池沼唯の出生秘話

平沢家の長女唯は生まれた時に既に重度の池沼だった。

そのため、両親は直ぐに第2子を産む。

その目的は、池沼の長女・唯の世話係である。

 

次女は生まれながらに池沼の世話を宿命づけられ、余りにも残酷な人生を憂うが如く、

その名をズバリ「憂」と名付けられる。

そう、憂鬱の憂である。こんな酷い名前が他にあるであろうか?

名は体を表すとは言うが、正に池沼の世話だけに作られた子である。

 

さて、池沼唯の世話係が出きると、両親は子育てを放棄し、とっとと海外逃亡。

黒い金で世界を豪遊する。

 

一方、憂の人生は、唯ともども未来の無い悲惨な人生である。

 

が、唯自身は池沼のため自分の人生など何も分からず、目先のことで一喜一憂する日々を過ごす。

池沼のため、イジメられたり、世話係の憂にお仕置きされたりするも、池沼さんは毎日アイスが食べられれば満足のようである。