セレブの池沼唯2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セレブの池沼唯(その2)


じかんはすこしさかのぼるでつ('q')

自分のアイスを食べ終えた唯ちゃんは、まだまだお腹がいっぱいにならないのか辺りをキョロキョロと見渡しました。
するとそこには3段に積み重ねられたおいしそうなアイスを持つ男の子の姿が…


唯「う”―――!!ゆいのあいすとったー(`q´)う”-う”-…わるいこにはおしおきでつーー!!」

と叫びだしました。

唯は普段憂からお仕置きという名の暴行を受けている(原因は唯にあるのですが)ので、池沼なりにストレスでも感じているのか、自分より力の弱い小さい子に対し八つ当たりを頻繁に行います。

今回も自分よりも弱い相手の物は自分の物だという自分本位な考えからきています。

そして、唯「ゆいのかえつー!ぬうぁあ”あああああああ!!(`Д´#)」ドスドスドスドス


と叫びながら男の子にでかい巨体を揺らしながら突っ込んで行きました!
男の子は唯の方向に背を向けており、グラグラ揺れるアイスのバランスを取っている為に唯の突進に気づいていません。

そして…… 滅多に当たらない唯の池沼タックルが珍しくヒットします。
男の子は突然の事に「うわっっ!!」と吹っ飛ばされてしまいました。
そして地面に身体を強く打ちつけて泣き出してしまいました。

男の子「うぇぇぇぇぇん!」

しかし唯はそんな事はお構いなしに男の子が床に落したアイスを豚のように這いつくばり床をグチャグチャにしながら舐めています。

唯「あいすおいちーーー!!あうあうあ~~う(^q^)キャキャ」ベロベロベロ


するとそこに会計をすませた男の子の父親が登場しました。

この状況を一目見て把握した父親は泣いている息子に自分のアイスを渡し唯に詰め寄ります。

お父さん「おい!!お前何をやってるんだ!!」

そして豚のように床に這いつくばりアイスを舐める唯を見て腹が立ってきたのか、唯の脇腹に力いっぱい蹴りを入れました!グシャ


唯「むふぅうううううううううううううううううううううう(`q´#)」

唯は蹴られた事よりもアイスを食べていたのを邪魔されたのに怒ったようで、丸々太った身体を父親の方にむけてノソッと立ち上がりました。

唯「あ”ぅ――!ゆいいじめる、わるいこ!おしおき!!!(`q´#)」

自分は男の子からアイスを奪っているのを棚に上げ、あたかも自分が被害者の様に言い放ちました。

そして…


唯「ゆいのたーたりーーーー!!だああああああああ!!(`Д´#)」

と叫び、太った身体を丸めながら父親に突進していきました。
普段は当たらない唯の体当たりが先程男の子に当たった事に気を良くしたのか体当たりのバーゲンセールです。
しかし先程とは違い、スピードの遅い丸々太った巨体が真正面から来るのが分かっているので避けることなど造作もない事です。
お父さんは体当たりを軽々避け、唯の後ろに回り込み、そして唯の丸まった背中に向けて回し蹴りをお見舞いします!バキィ


するとお父さんの回し蹴りの力も加えられ唯は巨体をお店の壁に凄い勢いでぶつけました!ドーーーン


唯「ぶう”う”ぅぅう――!ゆいいちゃい……("q")てんてんいちゃいよーー(>q<) 」

更にお父さんは手を休めません。
唯に向かっていきマドンナTシャツの襟を掴み、身体を起こし上げて、唯のした事を息子に謝らせようと話しかけました。

お父さん「ほら!息子に謝るんだ!そうしたら許してやる!!」

しかし唯はお父さんの事を、「唯のアイスを食べるのを邪魔し、奪いに来た敵」と認識しています。

そして唯は謝るどころか思わぬ反撃に出ました!!

唯「はなちぇーー(`q´)ああぁあ”あ”―ぶぅぅぐぁぁあああーーーーー(`Д´#)」

と声にならない叫びを発しお父さんの腕に噛みつきました!!

お父さん「いってぇぇぇぇぇぇ!ぐぅぅ…この池沼め!大人を舐めやがって!!このビチグソがぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

お父さんも怒りが頂点に達したのか、唯の顔めがけて拳を浴びせました。

唯「あうっ(゚q゚#)あうっ('q'#)あ”ぅっ(#゚q゚#)あ”うっ(#'q'#)」

しかしこれだけ殴られても唯は噛みつきを緩めません!

お父さん「オラァーーーー!!!!」ドギューン


お父さん渾身の一撃が唯のまんまる鼻を直撃しました。
これには流石の唯も耐えきれずに鼻血を噴き出して気絶してしまいました。

唯「あう”っ(#×q×#)」プシュー



場面変わって大学生A、B…


(大学生A,Bの席は少し離れた死角になってる位置な為、唯の騒動に気付いていません)

「オラァーーーー!!!!」

大学生A「ん?なんか騒がしいな…」
大学生B「おいA!あの池沼がいないぞっ!!」
二人「まさか……」ダダッ

二人が駆け付けると店の中は騒然としていました。
男の子は泣きやんでいましたが、床に溶けて散らばったアイスとグッタリと鼻血を出しながら気絶している醜い池沼が一匹そして周りのギャラリーとお店の人に頭を下げるお父さんという光景に大学生A、Bも事態を飲み込めていません。

A,Bはお店の人に事情を聞きました。
Aはすぐさま男の子と父親の所まで行き頭を下げ、唯に奪われたアイスと同じものを買い男の子に手渡します。
大学生Aの謝罪を聞き、男の子の父親も快く許してくれました。

Bはお店の人と周りのギャラリーに頭を下げに行き、店から雑巾を借りて唯の汚した床の掃除を始めました。

この二人の対応に店の人も渋々ながらお咎めなしということで許してくれました。

しかし池沼をこのまま放っていくわけにもいかず、すぐに連れて出て行ってくれということで二人は巨体の唯を引きずりながら店をあとにしました。

大学生B「この池沼マジでおかしいぞ!お前のボランティアで行ってるとこの子供達とはレベルが違うだろ?もう早くどこかに捨てて行こうぜ!」
大学生A「ごめんな。お前にまで迷惑かけて…。わかった。でもこのまま置いていくのはマズイ。やっぱりもといた場所に帰さないと…。」
大学生B「わかったよ。もうはやく車に乗せて行こうぜ。幸い気絶してくれてんだしよ。」
大学生A「わかった。じゃあ急ごう。」

二人は駐車場まで唯を運び車に乗せようとしましたが、運悪く手が滑って後部座席に唯の頭をうちつけてしまいました。

唯「あうっ(゚q゚)ここはどこでつか??」

大学生Bは「しまったー」と思いました。更に唯は続けます。

唯「あーたはだれでつか?ゆいはゆいでつ(^q^)」

ついさっきまでいっしょにいたのに忘れてしまったのでしょうか。
スポンジ以下の脳みその本領発揮です。

大学生BはAに早く車を出せと言い、Aも車を発進させます。

すると…


ブブブーーー!!!!!

唯「あうっ(゚q゚)」

クラクションの音でしょうか?いいえ違います。
アイスを沢山食べお腹が冷えたので、唯は大量のウンチをお尻の穴から放出しました。

唯「ゆいブブブーでまちた(^q^)おむつかえる!!くちゃいでつ…('q')」

大学生B「クサッ!A!窓開けろ!こいつウンコ漏らしやがった!!」
大学生A「わかった!!」Aは窓を全開にします。

車通りの多い道路をウンコの匂いを全開にして走ります。

もうこんな池沼とは1秒たりともいっしょにいたくないのか、車を停めてオムツ交換をすればいいのですが、二人は車を止めることなく走らせます。

すると唯はブブブーをした解放感からか、後部座席にある箱に目を付けます。

唯「あーう?!(^p^)」

と箱をパカッと開けると中からキラキラ光る指輪が出てきました!!!
そう。お気づきの人もいると思いますが、この指輪は大学生Aが彼女の誕生日プレゼントに、車を買うために貯めたお金の余った分で買った指輪なのです。
普段大学やボランティア、バイトで中々時間の取れないAが彼女にと思って用意したサプライズだったのです。
運転中のAは唯の行動に気付かなかったのですが、唯と同じく後部座席に座るBは唯の行動に気付き、その指輪が何であるかもすぐに理解しました。

大学生B「何やってんだお前!!かえせ!!!」

と唯に掴みかかりました!
すると唯もこの指輪が取り返されると思ったのでしょうか

唯「やーの!!こえゆいのでつ!!!ぜったいかえたない(`q´)ぐぅぅうううううう!!」

唯はこの指輪を昨日のテレビで見たセレブの付けていた指輪と勘違いし、これを付ければ唯はもっとセレブになれる!うーいも皆も褒めてくれる!アイスをくれる!と思い込んでいます。

その為に唯も抵抗を繰り返します。
大学生Aは状況を飲み込めずに「どうしたんだ??!」と言葉を発しました。

Bが指輪を返さない唯にキレたのか唯の腹めがけて思いっきり拳を浴びせました。

唯が「ぐぇっ("q")」と吹っ飛んだ拍子に唯の手から指輪が飛んで行きました。

しかも唯がブブブーを漏らしたせいで換気の為窓は全開になっています。

そして……


案の定運悪く指輪は走っている車の外に飛び出していってしまいました。

そしてBが「A!車を停めろ!この池沼お前の指輪を外に投げ捨てやがった!」

するとAも事態を把握しすぐに車を停め、運転席から飛び出すように指輪を探しに向かいました。
Bは車に残り唯にむかって


「こいつっ……!ボコボコにしてやる!!泣いて謝っても許さねぇ!半殺しにしてやる!!」

と言い放ちました。
唯も自分の本能が危険を感じ取ったのか、車から引きずり出そうとするBに対して必死に抵抗します。
そしてとんでもない行動を取り出しました…


唯「だあ゛あ゛あ゛ああああ!!!くりゃえぇぇぇぇえええ!!!!(`q´)」ポイッ

なんと唯はおむつの中に手を入れ、先程出した自分のブブブーをBに向かって投げつけました。

さすがのBもこれには堪えたのか引きずり出す手を離し距離を取ります。
唯はこの攻撃が効いたと感じたのか、さらにオムツに手を入れ四方八方にブブブーを投げ散らかしました!

唯「ゆいつよいでつ(^q^)ブブブーまらありまつよーーーー(^oo^)」ポイポイポイッ

大学生Aの努力の結晶でもある宝物の車がみるみるうちに唯のブブブーに染まっていきます。
Bもこれにはキレていたのを忘れて口をあんぐりさせ呆然と立ち尽くすしか出来ませんでした…


しばらくしてAが汗だくになり車まで戻って来ました。
そして自分の愛車で起こっている惨状を目の当たりにして、Aの身体からスゥーと汗がひいていくのが分かりました。
するとAがBに向かって


「B…車に乗れ…」と言い放ちました。

正直ウンコまみれの車内に入るのはためらわれましたが、BがAの顔をのぞき見ると、今まで見た事のない能面のような冷たい目をした無表情だったのです。

今まで温和な性格の為、ほとんど怒った所を見た事のないAのこんな表情を見てBは金縛りにあったように返事もせず車に乗り込みました。
唯は先程までキレて唯に殴りかかってきたBが乗ってきたので


唯「ぶふうううぅぅぅぅ!!ぶふふううううううっぅぅぅぅぅ!!!(`q´)もうゆいかえう!おうちかえう!!ゆいいじめるわるいこでつ!!しーーね!しーーーね(`q´)」

車から降りようとしますが、ドアの開け方がわからないので開いている窓から身を乗り出し降りようとします。
しかし唯はデブなのでお腹の贅肉がつっかえて出ることが出来ません。

唯「ぶふぅーぷふぅーー!!ぽんぽんいちゃい!!ぽんぽんいちゃいよー!(>q<)」

唯の腹の贅肉がパワーウインドウに挟まる形になり出られない事で唯は池沼泣きを始めました。
大学生A「B…引っ張って座席に座らせろ…」と小さな声で呟きました。
Bは無言頷き、唯の身体を引っこ抜き座席に座らせます。

唯「あ”うっっ('p')」ポンッ

するとAは唯に向かい満面の笑みで、「今からとーってもおいしいアイスを食べに行くんだけどゆいちゃんは帰っちゃうの?たくさんアイスがあるのになぁ…」

と言うと唯は先程までの池沼泣きを止めて


唯「アイスでつか(゚q゚)あいすいぱーいでつか(゚q゚)?」

と聞き返します。

大学生A「いっぱいだよ!いっぱーいアイスが食べられるよ!」

すると唯は「あーう(^q^)あいすいぱいっあいすいぱいっ!!ゆいはおりこーだからでつね!!(*´Q`*)」キャッキャ


アイスと聞くと直前まで自分がしていた事を忘れてしまうとは…なんて卑しい池沼でしょうか…

するとAは車を猛スピードで走らせました。
Aの車はまるで池沼にウンコまみれにされ、悲鳴をあげているかのような音を出しながらカーブを曲がります。
どこかの豆腐屋の車でも追い付けないスピードです。

車が走る事20分……


本来ならとっくに池沼唯と出会った場所に着いてもおかしくないのですが…

そこはどこかの廃工場のような場所です。Aは車を停車させます。

唯「ここあいすやさんでつか??('q')」
大学生B「そんなわけねぇだろこの池沼がぁぁ!!今からお前に地獄見せてやるからなぁ!」

と叫び唯を車から引きずり出しました。
Bは唯が親友のAにした仕打ちがどうしても許せなく、まるで自分の事のように怒りをぶつけています。

唯「ぶふぅ”ぅ”ぅ”ーー、ここあいすない!うそいった!!ゆいおこったでつ(`q´メ)ばーーかーー!しーーーねぇ(`q´#)」バタバタ


こともあろうに唯は自分が嘘をつかれたので被害者だと、太った身体を揺らせながらAやBに暴言を浴びせてきました。
Bは唯に突っ込んで行くとまず頭を掴み、丸々と太った顔めがけて飛び膝蹴りを叩き込みました。

大学生B「ウダラァアーーーーー!!!」ベコッ

顔面に膝を打ち付けられた唯はバランスを崩し頭から地面に叩きつけられます!ドゴッ

唯「びぇぇぇぇぇえぇぇぇぇぇん(>q<)いちゃいーーー!おつむいちゃいーーー!!」

頭を打ち付けてタンコブができたのでしょうか?痛がり泣き出します。
更にBは唯の肥えた腹の上に全体重をかけたエルボーを浴びせます。グボッ
唯は一瞬身体がビクンッと宙に浮くとうつ伏せに転がり

唯「う”っお”ぇ・・・・・・(>q<)、おえええぇ・・・・・・ゲロゲロビチャャーー(=q=)」

と大量のゲロを吐きだしました。
消化しきれていない食べ物や胃液が混ざりあいとてつもない悪臭を放っています。
しかしBはお構いなしに転がっている池沼に向かい蹴りを浴びせます。

大学生B「この雌豚がぁぁ!!!!」バキィ!ドカァ!メタァ!グシャ!ボキッ!

脇腹に綺麗に決まっていきます。アバラ骨が折れた音もしました。

唯は「んひいいぃぃぃぃ、んひいいぃぃぃぃぃ(TqT)」と呻き声を上げながらうずくまっています。

そして更にBが蹴りを入れようとしたところでAが…


大学生A「B!もうやめろ!!!」
大学生B「A!もうやめちまうのか?こいつはお前の…」

と言いかけた所でAが言葉を発します。

大学生A「誰がやめると言った?俺がやるからお前は下がってろって事だ…」

Aは更に冷たい口調で言い放ちました。
それを聞きBも「わ、わかった。」と静かに引き下がります。
そしてAはうつ伏せになっている唯に近づき、唯の身体を思い切り蹴り上げました。

すると唯は仰向けに転がり「ぶふぅぅう…ぶふぅぅぅぅう……("oo")」

とBに蹴られたアバラが痛むのか脇を押さえながら、大きなまんまる鼻で呼吸しています。
Aは唯の身体にまたがり、その能面のように冷たく無表情な顔で唯の顔を見つめます。
すると唯もAの顔が尋常じゃないのを本能で感じ取ったのか

唯「ごめなたいっ…ごめんなたいつる!ゆい、ごめんなたいつるでつ(>q<)」

すると唯の汚い顔にポツリ…ポツリと何かが落ちてきます。

ここは屋内なので雨などではありません。

…なんとAが涙を流しているのです!
この涙が自分の宝物の車をウンコまみれにされた事や彼女への誕生日プレゼントの指輪を捨てられた事の対する涙なのか、それとも池沼の中の池沼の唯を痛めつけている事に対する涙なのか…

その涙の意味はA自身にもわかりません。

すると唯はその涙を見て


唯「ないてるでつか?…あやまたら、ゆるつれすよ(^q^)」

その言葉を聞いたAは涙は流したままですが、一瞬、かすかに口元に笑みを浮かべました。

唯「あう~?('q')あやまたら、おしおきないで…」バチィーーン!!!
唯「つよ(゚q゚#)」バキィーン!!!

Aは涙は流したままですが、口元は笑った状態で、唯の顔面に向けて拳のラッシュを叩き込みます!

大学生A「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!!!!」

某スタンド攻撃も真っ青な程のラッシュを浴びせ続けます!

唯「あうっ(゚q゚#)あうっ(#゚q゚#)あ”うっ(##゚q゚#)あ”うっ(##゚q゚##)あ”う”っ(###゚q゚##)あ”う”っ(###゚q゚###)」
大学生A「無駄―!!!!!!!!」ドゴォォォォン


最後の渾身の一撃を唯の鼻めがけて叩き込みました。

唯「ぐぅぇぇ(###×q×###)たちゅけ…て……ぅー……ぃ……」ゴボッッ!ブブブー!!!

醜く赤く腫れあがった鼻から鼻血を噴き出し、口からも血を吐き、更には又ブブブーとウンチを漏らしながら気絶してしまいました。
本日二度目の鼻へのパンチをくらい、まんまる鼻が更に倍ぐらいに膨れ上がっています。


   (その3) に続く
   (その1) へ戻る

   池沼唯 SS に戻る
   池沼唯 SS -ジャンル別リスト- に戻る

    (2011.09.28--09.29)

カウンター

今日: -
昨日: -
合計: -