グリューネルト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『世界と思う気持ちに地位や性別は関係ありません』

シリニーグ出身で良家に生まれ育った高貴な女性でヴィーゼという愛馬を育てている。
両親の期待を一心に背負う、ヴァラノワールの卒業生。

両親からの期待に答える為に、学生時代に優秀な成績を収めるが、そんな自分自身の生き方に疑問を抱き、思い悩む日々をすごしていた。
そんな折、ミュウに出会ったことをきっかけに自分の意思で歩み始めることになる。

普段は乗馬や、庭の手入れ、楽曲の演奏などをしており、物静かな女性である。
だがとても芯が強く、仲間思いで慈悲深い。ソーディアンとの戦闘時にはミュウの命を救うためにイエロの銃から、身を賭して守ろうとし臨死体験をした。(選択を間違えれば死亡)
その毅然とした姿は、一国の女王の風格さえ漂わせるという。

学園卒業後は大学部に進学していたが、ローゼス解放軍結成時に退学し、活動に参加した。

学園都市ヴァラノワール新紀幻想スペクトラルソウルズ時などに
着ていたドレスは戦闘には向かないと判断したのか、動きやすい軽装にし、長い髪を結び、ヴァラノワールの生徒では珍しくイメチャンをした。
愛剣はプリンセスソード。
豪華絢爛に生きる彼女にふさわしい名前の剣と言えるだろう。

七年戦争が終結して数年後にアデルを養女として迎え入れ、自身の母校ヴァラノワールに進学させた。

学園都市ヴァラノワール
この当時はまだ勇者育成学部の生徒である。
学生時代では、愛馬ヴィーゼが病気になりミュウに相談して、助けてもらう中で、段々と仲が良くなっていく。
ミュウの自由奔放さんに憧れを抱き、自分の生き方について考えるようになる。
最後にはおまじないのキスをしてもらい、ミュウとの只ならぬ仲を想像させた。
ユリノワールなどと言われる所以はこれが理由のひとつでもある。


登場作品



必殺技

  • 桜花乱舞

関連キャラ