ヒトゲノム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ムゲンによって、人間に代わる種となるべく創られた人型の生命体。
自分達以外の種族を見下しており、それぞれで方法は違えど、人間を滅ぼすことを目的に行動している。
繁殖のため、それぞれにつがいが存在する。デューザによれば人間と子をなすこともできる。

男性型。
マフィンを追って冥界を出た後、スペクトラルタワーに上りアカシックレコードに触れた。
その後、自ら人間達に手を下す必要はないと考え、タワーの上から事の成り行きを静観していた。

  • マフィン

  • デューザ
男性型。
旅の途中でデナとはぐれ、デナを探していた途中、ゼロスからデナの気配を感じ彼に接近する。
無口な性格で、デナ以外のことにはあまり興味を示さない。

  • デナ
女性型。デューザの恋人。
リンドストゥルムに捕らえられ、彼の下で働いていたアサロによってゼロヴァイドに改造された。
ゼロスの肉体には彼女の細胞が使われている。

  • ザウパー
男性型。
ネバーランド各地で女性や子供を狙った殺戮を繰り返している。
リーザが追っている事件の犯人。

  • ブルメイア
女性型。美しい外見を持つ。
その美貌と能力でプラティセルバのバージス王国の王に取り入り、王妃の座につく。
その後、自分にとって都合の悪い臣下と王の親族を始末しつつ、戦争を起こす準備を進めていた。

  • ダデウシュ
4本の腕を持つ、蜘蛛のようなヒトゲノム。
闇の中で、秘かに人間を殺すことを得意としている。
ノエルが住んでいたカイゼルオーンのカウル村を襲い、村人を全滅させた。

  • セクストン
雌雄同体のヒトゲノム。見た目は女性。
他のヒトゲノムと違い、人間を滅ぼすという目的にはあまり興味がない。
普段は無害だが、自分の肌にコンプレックスを抱いており、そのことを指摘されると性格と口調が激変する。

  • ウエドラオゴ
翼の生えたモンスターのようなヒトゲノム。

  • ゼレナ
女性型。
背中に翼が生えている。人間やモンスターを操る術を得意とする。
ナハリのテヘスの町人を操り、悪事を働いている。

  • エテロ
男性型。ユーニスとは双子でエテロは弟。
子供の姿をしているが、性格は極めて残忍。

  • ユーニス
女性型。エテロの姉。
エテロと同じく残忍な性格で、人間が怯える姿を見て楽しんでいる。

  • アリア
女性型。彼女のみつがいが存在しない。
ヒトゲノムの気配を感じたり、記憶した気配を追跡できる能力を持つ。
デナの気配を追ってランデロールに辿り着くが、モンスターの不意打ちを受けて気絶。記憶喪失となる。
心優しい性格だが、記憶を失う前は他のヒトゲノム同様、残忍な性格であった。

  • ヘルメス
四源聖のエトヴァルトが製造した女性型のヒトゲノム。
幼い少女の姿をしている。